仕事関係

June 25, 2017

遂に自分も研修を

 1年で一番平和な時期を満喫してたら、気が付けばもう6月も終わりに近付いていました。ブログを更新しないまま1ヵ月過ぎようとは、怠惰に過ごしているはずなのに、時間が過ぎるのは早いものです。いや、怠惰に過ごしているから、自分は成長しないままに時間だけが早く過ぎていくのか。


 そんな平和な時期も、早く帰ったり、誘われて飲みに行ったりしていたらそろそろ終わりで、10月人事に向けて、また慌ただしい日々が始まります。これはこれで、一生懸命頑張らねば…。


 

 そして、今年は通常業務とは別のミッションを上司より推薦されまして、とある研修を受けることになりました。「4月に主任任用するぞ」という上司の話には、実は続きがありまして、「その上で、この研修を受けて欲しいと思っている」と、必ずセットで言われていたのでした。


 

 ところが、これがまた、えらくハードな研修なのです。入社2年目終わりに行う業務発表も非常にしんどいですが、これはもっと高い専門性とレベルを求められます。歴代の先輩方が、毎年必死に取り組んでいる姿を入社以来ずっと見てきた訳ですが、その成果物の高さに毎年圧倒されて来ました。その分、影の苦労は半端ないのですが、先へ進んでいくためには、必ず通過して進んでいく必要がある、この会社独特の通過儀礼の様なものです。


 そんな先輩方の姿と成果物を見てきて、「こんなの、絶対自分には出来ない」と思っているので、「自ら進んでやりたいか?」と問われれば、正直に言えば、それは出来ることならお断りしたい汗。いや、本当にしんどいからです。楽して生きていきたい私からすれば、避けられるなら避けたいというのが本音であり人情というものでしょう。しかし、この先、より高いレベルへ自己成長したいという想いも一方でありまして、「やりたくないけどやるしかない」という、何とも複雑な葛藤の末、頑張ることにしました。


 「主任任用するぞ」というのと同じくらい、「この研修を受けてもらいたい」という上司の話を、私は「御冗談を」と言ってずっとかわしてきたのですが、そう思っていたのは、どうやら私だけだった様です。上司は、私自身よりも、遥かに真剣に、私のキャリアを想って考えていたのでした。・・・本当に、良い上司に恵まれたと思います。


 この研修は、自分ひとりでは到底できず、色々な人に指導や助言を仰いだり、インタビューを行ったり、考察を深めなければなりません。足掛け約8か月にも渡る研修で、ゴールは来年2月の本社発表です。思い悩む時、苦しむ時が、今後長く続くし、通常業務を抱えながら取り組む苦しみがあります。そんな時、信頼して相談できる上司が、今の上司である間に、この研修を受けたい。この上司の指導を受けたい。この想いが、研修を受けようと決断した最大の理由です。それだけ、きっと有意義な研修になると信じられるのです。これは、本当に幸せなことだなと思っています。



 通常業務と並行しながらの取り組みなので、周囲にも負担を掛けてしまうこともあるのですが、今から来年2月をめざして、せっかく参加するからには、一生懸命頑張ろうと思います。



 と、せっかく前向きになったところで、早速キックオフが近日あるのですが、どうやらいきなり経営基礎知識を問うテストがあるらしく、今から真っ青です。どうしよう・・・。思いっきりダントツの最下位になる自信しかなく、ただただ恐怖ですが、反面失うものはないし、やるしかないかなと思っています。



 そんな訳で、今年1年は、勉強漬けの1年です。沢山本も読まなければと決意して、早速3冊本を買いました。多読していかないと色々と間に合わないので、土日の怠惰なゴロゴロから脱して頑張ります。自分をいつまで律せるかが勝負だな・・・。

| | Comments (0)

April 25, 2017

まだまだヒヨコ

 前の記事で書いた通り、25日は約6年振りに、前の課のメンバで集まって来ました。この日は、当日に色々とありまして、飲み会のスタートに間に合わなかったのですが、約1時間位、遅れて駆け付けた後は、昔懐かしい話で盛り上がり、時間は簡単に過ぎていきました。一次会終わった後は、品川の素敵なホテルの最上階にあるバーで二次会へ。当時の課長にご馳走になってしまいました。有難いことですね。



 皆さん、全く変わらずにお元気そうで良かったです。この日…は、特に後輩指導の難しさ、コミュニケーションの難しさを痛感しながら、会場へ駆け付けたのですが、このメンバで集まると、一番年下は私です。当時の指導課長・指導主任・指導員と勢揃いな訳でして、気分はまるで新人時代へ遡りました。入社して10年経っても、自分の立場が変わっても、昔、ご指導頂いた皆さんの前では、自分はまだまだヒヨコだなと思いました。間違いなく、当時の自分は、この皆さんにご迷惑とご負担をお掛けしたはずなので、この先何年経とうとも、皆さんへの感謝の想いは消えないだろうと思います。

 

 当時、ご指導頂いた内容、言葉、その想いなどは、よく覚えています。生まれた雛が、最初に見た動くものを親だと思うのと同じ様に、自分自身の原点は、やはりこの課であり、この先輩方であり、ここで得られた仕事の仕方・考え方なのだろうと思いました。今、在籍している課の方が、在籍年数としては長くなってしまいましたし、担当業務も教育から人事へとシフトいますが、ルーツは「ここ」なのだなと思いました。会社人生で初めて出逢った方々が、このメンバで本当に良かったなと思いました。



 この会社は広い様でいて狭く、狭い様でいて広く、1回繋がった縁は、今後、色々な形で再び繋がって行くのですよね。実際、今の課のメンバにも繋がっているし、きっとこの先も、形を様々に変えながら、再び一緒に仕事をすることもあるだろうと思います。今回、約6年振りに再会して、少しは成長した姿をお見せ出来たかなと思うのですが、今後も、「あいつを新人時代に指導したんだ」と良い意味で自慢してもらえる様に、一生懸命頑張ろうと思います。

| | Comments (0)

April 23, 2017

温かいバトンを

 仕事関係ばかりですみません。

 4月になって、色々な人に、昇格祝いということで、色々なところへ、素敵な夕飯に連れ出して頂いていました。現在の自分の上司。昔の自分の上司。今、同じ課で一緒に仕事している年上の同僚。昔、一緒に働いていた同僚の皆さんetc。これだけ多くの人に声を掛けて頂けて、本当に有難いことです。こんなに幸せなことはないですよね。


 どの日もとても印象深くて、それぞれの日で非常に楽しく過ごせましたし、どの日の料理も美味しく、この1ヶ月だけで随分太った気がします笑。良い人たちに恵まれたなと思います。その中でも、特に印象深かったのは、今、同じ課で一緒に仕事をしている年上の同僚の方に、課長と一緒にご馳走頂いた日ですね。


 実は、この方には、私が入社2~3年目でやらかしたことがありまして、当時、温かくも厳しくご指導を頂いた方でした。当のご本人は、全く覚えていないらしいのですが、当時の私にとっては、中々鮮烈な印象となって残っていまして、最初、異動されて来ると聞いた時は、少し身構えたものでした。


 今から思えば、まあ、相手に記憶にないということは、そこまで大きな失敗では無かったのでしょうけど、そうした相手に認めてもらえて、そして感謝までされる日が来るとは(昨秋から冬に掛けて、課として色々あって、少しだけ仕事をカバーしました)、当時の自分が知ったら、絶対信じないでしょうね笑。あの頃の自分は、この方に電話やメールをするのに、少し億劫がっていた程でしたから。


 そんな相手に、とあるホテルのディナービュッフェに招待して頂きました!和・洋・中と全ての料理が最高に美味しかったです。マグロの解体ショーを見て、お寿司を頂き、蟹、北京ダック、ローストビーフに美味しいスープ・・・etc。お腹が一杯でもう何も入らないというのに、最後のコーヒーとスイーツまでしっかり食べてしまいました。スイーツも何種類も食べてしまい、これはもう、劇太り間違いないと思いましたが、ここまで食べてしまえば、そんなのもう気にしないですよね笑。食事だけではなく、話も弾んで、本当に楽しい時間でした。時が経って、こんな日が来るとは、仕事を続けていて良かった、と思うことの1つです。こんな素敵な場所でご馳走頂いたことは、その場所や食事の内容ということだけではなく、その温かい心遣いが本当に嬉しく、一生忘れないだろうと思います。そして、自分も、この温かいバトンを次の世代へ渡して行ける様に、仕事を一生懸命頑張ろうと、改めて思いました。

 

 今週の火曜も、異動する前、つまり、入社して最初に配属された課のOB/OG会があります。こちらも、凄く楽しみです。それこそ、5・6年振りかもしれないです。1つ継続すれば、それが後々になって、色々な人間関係となって繋がって行くものだな、ということに、最近ようやく気が付きました。それこそが、仕事をしていく上での一番の財産かもしれないですね。

| | Comments (0)

April 02, 2017

11年目にして

 明日から、2017年度が始まります。2007年に入社したので、社会人になって満10年が経ったことになり、11年目のシーズンが開幕となります。


 あれから10年が経つとは、何だか信じられません。あっという間の10年間で、その間には色々な出来事がありました。まあ、そりゃそうですよね。10年もあれば、公私共々、色々あって当然です。何より恐ろしいのは、10年も経って、自分が全く成長していないことを感じる時です。時ばかり経って、年ばかり食って、身体がどんどん言うことを聞いてくれなくなって、30代のお肌も荒れ、ろくに親孝行もしないままに親には迷惑を掛けたまま年を取られていき、ふと気が付けば、後輩が後ろに10年分も育っているという・・・。これは、非常に恐ろしいことです。自分で自分の成長を止めない様に、まだまだ勉強して、人間として成長していかなければ。。。社員として年次を重ねるに連れて危機感すら覚え、そんな風に考えています。


 10年前、自分はただの新人でした。先輩方は、それはそれは、大きく見えたものでした。お世話になった仲の良い先輩方が、主任(世間で言うところの係長クラス)に昇格されていく姿を見ては、「やはり先輩方は凄いな」と思って、益々尊敬したものでした。それが入社2~3年目くらい。その後、一時期は本気で会社を辞めようと悩んだこともありましたが踏みとどまり、海外も含めてそれなりに経験を積んで、いっちょまえに意見も言えていると勘違いしながら、自分でも少しは会社に貢献出来るつもりになっていました。それが8~9年目くらい。このままなら、自分でも主任になれるかもしれない、なんて大それたことを考えていたものです。今から思うと、ただのバカですねえ。その後、今、一緒に組んでいる課長が、当時は主任で本社から異動されて来た時には、自分の天狗さに気付かされました。自分なんて、全然実力不足だったのだと。井の中の蛙でした。自惚れが恥ずかしくなる位で、彼に付いて行くのに必死でした。凄く勉強になった1年半でした。


 そんな課長には、この1年半もの間、折に触れて、「主任を張れる実力があると認めている。でも、まだまだ足りないところもある。だから、俺が課長でいる時に、絶対主任にして、そこを伸ばしていきたい」と、声を掛け続けて頂きました。そんな時、私はいつも「御冗談を」「そんな力は、私なんぞにはありませんよ」と返し続けていた訳ですが、課長が嘘をつかない人であることも知っていました。「この人は本気で言っている」と思うと、「この人の期待を裏切らない様に仕事をしていかなければ」と思えて、苦労したけれど、去年1年は頑張れたようなものです。


 「この4月で、絶対主任にするからな」と言われ続けて半年。


 人事はその時々の縁と運というものがあります。だから、そんなことを言われても、変わることもあるのは充分に知っていました。何しろ、自分自身が、人事担当なのですから。一方で、繰り返しになりますが、課長が約束を反故にする人ではないことも分かっていました。やると言ったらやるだろうと。だから、


 「ガッカリするなよ。異動だ。4月で主任に任用する」


 と、3月上旬に示達を受けた時、感動したというより、「この人は、きちんと約束を守った」と思いました。だからこそ、こんな私を評価して下さったことの重み、信頼関係の強さを、ずっしりと感じました。約束を守って頂いたからには、その期待に応えていかなければと、強く決意しました。



 不思議なもので、示達を受けたその日は純粋に嬉しさが勝ち(私は単純なので、それはやはり嬉しい)、日が経つに連れて、その職務に伴う責任の重さが勝つ様になりました。この伝統のある会社で人事主任を任されることの重さ。計り知れないプレッシャーがあります。下から、文句や意見を好きに言いたい放題を言える立場ではなくなり、それなりに上にも下にも分別のついた振る舞いも必要。こんなに人事主任が重い立場だとは想像できていなくて、改めて、主任に昇格された歴代の先輩方、仕えて来た主任の皆さんの凄さを感じました。


 人事が公表された後、色々な人にお祝いのメッセージを頂きました。多くの励ましを受けて、実感も増しました。昔の上司、先輩、同期、後輩・・・。色々な人に、自分のことを見ていて頂いていたのだなと思うと、1人で仕事をしている訳じゃないなと思いました。多くの人のサポートや指導があっての昇格なのだと感じました。本当に、有難いことです。


 そんな風に職務の重みを感じながら、明日から部署は今と同じですが、立場が変わってのお仕事となります。後輩も、明日からは単なる後輩ではなく、「部下となる」と課長に言われ、だからこそ、今までと同じ様に仕事をしてはいけないのだと、理解しています。


 2017年度は、主任として初めての年。自分に務まるだろうか・・・。きっと悩むこともあるだろうけど、臆さず、でも謙虚に、新米主任として一生懸命頑張っていきたいと思います。

| | Comments (0)

March 12, 2017

後輩の発表

 その昔、当社恒例の入社2年目終わりに行う業務発表を、当事者として行っていました。あの当時は必死だったし、自分でもそれなりに一生懸命頑張った、とは思っていました。久し振りに、自分の当時のブログを読み返し、「そんなこともあったか」と思い出していました。こういう時、ブログって役に立ちますね。


 あれから9年が経ち、今度は、自分の後輩がその発表を行う番でした。9年の間に、当然、入社してきた後輩たちが次々と発表して行った訳ですが、自分の直下にいる後輩が発表を行う、という経験は初めてでした。


 昨秋から課長と一緒に準備をし始めたものの、年が明けたら通常業務に忙殺されて、中々発表準備に取り掛かれず、ようやく3月になって組織編成と人事公表を終えたと思ったら、その社内発表本番まで1週間と迫っていました・・・。ヤバい、これは相当ヤバい。何しろ、1週間前でPPTが1枚も仕上がっていない。ヤバ過ぎる!



 という状況だったので、先週の土日は返上しての2日連続出勤。月曜に至っては退勤したのが朝5時過ぎ・・・家着いたら6時前でもう陽が昇っており、1時間だけ寝て出勤となりました。火曜から木曜もほぼ終電。そんな12連勤を乗り越えた末に、10日に発表本番を迎えました。



 発表PPT自体は、課長自ら徹夜で仕上げてくれたり、課総動員で考えて仕上げ、また発表者本人も相当の苦労をして作ったもので、中々良い仕上がりだと確信をしていました。でも、それをちゃんと発表できるかどうか・・・という点では、後輩が大人しいタイプでもあって、正直、少し不安に思っていたところがありました。



 しかし、発表本番の本人は、とても冷静で落ち着いていましたね。本番に強いタイプだとは思っていましたが、あんなに堂々と、大きな声で発表できるとは!発表を聞きながら、これまでの2年間を思い返し、何だか感動してしまいました。ここでは書けないのですが、発表会場が異常な緊迫感に包まれる、という緊急事態を、後輩の発表直前に迎えてしまったにも拘わらず、それに全く動じずに、堂々と発表しきった後輩の力強さに感動しました。質疑応答も立派なもの。何よりも、そうした発表を通じて、本部長から、「この課は人数少ないのに、良く頑張っていることが分かった」というコメントを引き出すことができ、それはそれは感動しました。後輩の頑張りのお蔭で、チームとしても成果を認められるなんて、こんなに嬉しいことはありません。感極まって泣きそうになったのは、私だけではなく、発表後に上長たちが皆言っていました。チームとしても、とても大きな成長を感じられた出来事でした。


 9年前の自分と比べて、とても立派な発表でした。業務発表で、こんなに感動するとは思っていませんでしたが、これでもう、後輩は一担当として、独り立ちしていけると確信しました。4月から、3年目として頼もしいこと間違いありません。


 今回の後輩の発表を通じて、「あなたが良い先輩として、引っ張っている」と、何人かに声を掛けて頂いたことがあったのですが、それは全くの買い被りで、後輩に良い先輩にしてもらった、のだと思っています。後輩のポテンシャルを見誤っていたことだってあるし、まだまだ勉強不足です。


 そして、9年前を振り返れば、当時の上長や先輩たちに、自分が知らない所でも沢山支えてもらって発表が出来たのだ、ということにようやく思い至ることが出来ました。遅ればせながら、改めて当時の関係者に感謝しました。


 今回は、確かに後輩の発表だったのだけど、自分にとっても、そしてチームにとっても、1つのターニングポイントだったなと思っています。発表に至るまでは、大変なこともあったけれど、大きな達成感と充実感を味わえました。頑張って良かった、と久々に素直に思えました。

 金曜夜だったこともあり、その夜は遅くまで打ち上げをしていました。「良いチームだな」と心底思えたし、このチームで、また暫く仕事をしていきたいなと思いました。この先の会社人生の中でも、印象深い1日になると思います。

| | Comments (0)

February 19, 2017

睡眠を貪る

 前回の記事から、あっという間に時が経ち、もう2月も終わろうとしています。恐ろしや。。。

 ここ2ヶ月は過去に無い位に忙しく、平日は深夜まで仕事をし、土日は本当に「睡眠補給」という言い方がピッタリなほど、とにかくひたすらに寝続ける、ということを繰り返しておりました。睡眠を貪る、というのは、正にこのこと・・・汗。パソコンなんて、開ける元気もありませんでした。特に今週(先週)は、日曜から出勤、6連勤だったので、最後の方は曜日感覚がズレてきましたね。ようやく訪れた土曜は、寝る為だけにあるという・・・汗。食欲、運動欲や読書欲とかそっちのけ。ただひたすらに眠りたい、と思って寝続けられるというのは、我ながら凄い気がします笑。

 こんなにも忙しいのは、色々と理由はあるし、時期が時期、ということもあるし、一概に何とも言えないのですが、それでも、ようやくあと少しというところまで来たと思うので、もうひと踏ん張りです。いやー・・・中々ハードな1ヶ月半でした。

 こんな状況で、プレミアム・フライデーなんて導入されても、何だかねえ。。。としか思えないのですが、プレミアム・フライデーを上手く使えるように、早くなりたいものです。

| | Comments (0)

December 25, 2016

2016年最終週

 あ、気が付けば、前回の日記から1ヶ月が経過していました・・・中々更新出来ずにすみません。

 12月は、何だかよく分からないままにバタバタと慌ただしく過ぎていき、もう今週で2016年も最終週になっていました。時間ばかりがどんどん過ぎていく・・・。


 10月から、色々あって会社の体制も変わり、勤務地も某所から某所へと行き来することが増えました。完全に移転している訳でも異動している訳でもないのですが、自分が担当している事業所が、11月下旬から都内2拠点体制になったので、1~2回/週の頻度で行き来しています。新しい場所の方は、自分の大学からも近いのですが、これまで自分の得意とするテリトリーの外だったので、それは新しい発見でした。こういう位置関係だったのね、都内でも知らない場所はまだまだあるわ、という感覚でした。


 1月からは、このブログでも前に紹介したことのある、自分が信頼している主任さんが、遂に課長さんにご昇格されることとなり、益々信頼して付いていこうと思っています。彼は他の部署で課長に昇格されることも想定していたから、自分の課でご昇格されて、本当に良かったです。心服しているし、まだまだ、彼には教わりたいことが沢山あるからです。一緒に仕事させて頂ける時間は限られていると思うから、大事に過ごしたいです。尊敬できる上司に恵まれて良かったし、そんな上司に、「この課を当面軌道に乗せるまで、俺と貴女で立て直していきたいと思っているし、これからも頼んだぞ」と言われて、有難いことだなと思いました。いやー色々と課題はありますが、このお言葉だけで十分に頑張って行く力になります。まずは残り4日、2016年を無事に締め括れる様に頑張ります。

| | Comments (0)

September 04, 2016

Software is eating the world

 気が付けば、もう9月になっていました。時間が経つのはあっという間ですね・・・。恐ろしい。


 8月29日(月)は、何と5年振りに名古屋に出張して来ました。出張先は、前回とは違う場所だったのですが、名古屋、という地域に行くこと自体が5年振り。前回は、今の部署に異動した年だった訳ですが、あれから5年経つか・・・と思うと、何だか感慨深いものがあります。今回は、名古屋駅から約30分ほど地下鉄に乗り、更にタクシーで10分程掛かる所にあるGr会社にお邪魔してきた訳ですが、ようやく名前と場所が一致して良かったです。


 大阪出張は、年に何度かあるのですが、名古屋-東京は、大阪に比べればやはり近いですね。新幹線に乗っていても、すぐ着いてしまう感覚でした。次、名古屋に出張するのはいつなのだろう・・・また5年振りとかだったりして。次の5年は、どうなっているだろう。


 土日は怠けているとダラダラ過ごして終わってしまうので、3日(土)は、勉強会の様なものに参加して来ました。ベンチャー企業が如何にして大きくなっているのか、既存産業に対してどの様に工夫しているのか、というテーマだったのですが、ある意味、既存産業側にいる人間として、かなりの危機感を持って、参加して来ました。


 第4次産業革命とも言われている世の中で、ある程度大きな企業に属していても、とてもじゃないですが、安穏としてはいられません。いつ、どうなるか分からない。寧ろ、守るものが多過ぎる会社で、もっとドラスティックに改革をしていかないと、多分、生き残っていけない。そんな風に思いますね。だから、社外に積極的に勉強しに行かないといけないと思うのです。3日のセミナー自体は、そこまで踏み込んだ内容ではありませんでしたが、色々な人と意見を交換することが出来たことは楽しかったです。


 日曜は、土曜に頑張り過ぎた(セミナーに行って、空手にも行って疲れた・・・笑)反動で、ほぼ一日ダラダラしてしまいましたが、身体を休ませることも大事だし、と思って、また明日から頑張ります笑。

| | Comments (0)

August 11, 2016

ふと気が付いた

 8/5、8/8は、何故か職場の飲み会が続きました。とは言え、5日の方は、大分カジュアルな飲み会で、最後は担当者同士の3次会となり、何だかんだでダラダラ過ごして、気付けば結構遅い時間になっていました汗。あんな遅くなったのは、随分久々かも・・・。


 8日は、大分オフィシャルな感じで部課長勢揃いの一次会でしたが、無事に終わり、改札で散会。参加者が上手く散会し切ったのを見て、その後、主任と2人でコーヒーを1時間位飲んでいました。飲み会の後に、主任とコーヒーを飲む、というのは意外とあるのですが、そこで何を話しているか、というと、結構真面目に仕事の話をしています。


 今の組織体制の話、案件をどう進めていくかという話、新人の育成についてどうしていくかという話・・・etc。


 今の主任とは気が合う、馬が合う、だから仕事し易いのは確かで、入社以来、これまで何人もの主任と仕事をして来ましたが、多分、今までで一番タッグを組みやすい主任ではないかと感じています。でも、性格が合う、思考が似てるから仕事しやすい、というのはあるけれど、単にそういう側面だけでなく、「自分がそういう年次に到達した」という側面もあるのだろうな、と思っています。


 きっと、新人の頃にお世話になった主任、まだ5年目位でお世話になった主任とも、今、仕事をすれば、もっとパフォーマンスが出せたのではないか、と思う訳です。要は、10年目になって、主任と会話がようやく成立できるレベルに到達できた、そのレベルにまで育ててもらえた、ということではないかと思うのです。そう思うと、新人時代・若手時代にお世話になった先輩、主任の忍耐強さ、指導力に今更ながら頭が下がります。きっと、会話が噛み合わないことも、求めるレベルに達しない資料も、多かっただろうになあ。。。


 丁度、今の自分は主任と新人・若手との中間にいる訳ですが、双方の想いを汲み取って、上手く仕事を回していける様な、そんな頼りになる中堅になれる様に、頑張りたいと思います。

| | Comments (0)

July 31, 2016

暑い・・・

 毎日暑くてたまらない季節になってきましたね。。。

 出社するまではとても暑く、出社してからは冷房で寒い時もあるのですが、定時後は空調が切れるので徐々に暑くなり、退社する頃には、蒸し風呂状態の社内より外の方が涼しくなる・・・という、服装をどう調整して良いか、毎日悩むところです。会社は窓が開けられないビルなので、定時後で温度が上がって来る頃の社内は本当に暑いのです。


 

 気が付けば、もう8月。7月下旬はタクシーに乗ること2回、残りはほぼ終電みたいな生活をせざるを得ませんでしたが、あと約1週間で夏休み・・・というところまで来たので、暑さに負けずに、どうにか頑張って乗り切りたいと思います。それにしても、暑いなあ・・・。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧