ゲーム

June 20, 2010

格好良過ぎる20秒

 久々に、ゲームネタgameを書いても良いでしょうか笑??



 実は、この前のGWで滋賀に帰省する時のお供に、PSPでFF7をダウンロードして、プレイしていました。滋賀に帰る時は、父方の家に滞在するのですが、パソコンはないし、普段テレビ見ないからすぐに飽きてしまうし、今年は教員採用試験を受験しないから勉強もしなくて良いし(あ、英語勉強すれば良かったのか)coldsweats01高速道路を走る車中carも含めて、時間を持て余すこと必至だったので、ゲームをダウンロードし、用意万端で帰省した訳です笑。




 何故、FF7だったかと言うと、ワタクシ、FFシリーズの中で、7だけはやったことが無かったんです(PCオンラインの11とPS3の13は除く)。人気の高い作品なのに、やったことがないのが残念だった。それに、他の作品をやったことがあるだけに、そこだけポッカリと空白が空いた感じがして、どうしてもやってみたくなった訳です。しかも、今はソフトをわざわざお店に買いに行かなくても、家にいながら、PSPですぐにダウンロード出来ることだしheart01・・・ということで、PSが世に出てから十数年・・・遂に、初めてFF7をプレイしましたgame






 以下、FF7をクリアしての個人的な感想です。興味無い方はスルーして下さい笑。




 ・ストーリー的には、1~6の後の作品がこれかと思うと、結構斬新ですね。SF的な世界観が、それまでの中世ファンタジックな作品達と全く違うのだけど、それだけに、新しいジャンルに挑戦するという意気込みが感じられました。



 ・この作品の後に8が出た。その後に、「原点回帰」と称された9が出た。う~ん・・・9の出された意味合いや位置付けが、ようやく分かった様な気がする。全然作風が違うもんなあ。でも、とても楽しくプレイ出来ました。やっぱりFFは面白いです。



 ・ストーリーの展開としては、ただただひたすら、とある人物を追い掛けるだけという、結構単純な構図ですね。でも、そこに、主人公チームの秘密やバックグラウンドが織り込まれる・・・。個人的には、序盤の方が面白かったです。謎が謎を呼んで、知りたくてたまらなくなると言うか。後半は、何となく展開が読めてしまって、ちょっとトーンダウンした感じ。いや、違うな・・・多分、知りたい背景は沢山あるのに、必要以上の脱線はしていないところが物足りないのかもしれない。



 ・その他、環境破壊と言うか、人間の営みや幸福とは何だろうか・・・というものを問題提起された様な感じがします。人間のエゴを、とある団体の人物たちや行動を見ていると、現実世界を見させられている様な気がしました。いや、現実の世界でも、行われていることなのかもしれませんね。これまでのFFにはない、鋭い社会風刺を感じました。


 ・物語の最後。肝心のエンディング!!!!
  う~・・・何か納得できない。釈然としない・・・。「ご想像にお任せします」という感じなんですが、何だかスケールが大きいと言うか、漠然とした終わり方だったなあ。逆に言うと、人間は、大きな流れの1つに過ぎないんだということなんでしょうかね。様々な解釈が可能なエンディングだからこそ、色々考えて欲しいというメッセージなのかもしれない。



 ・あ、ミニゲームと言うか、簡単なボタン操作が求められる場面は単純で楽しかったです。スノーボードとか、何故か不思議とその時代の流行を感じました笑。あと、飛空艇の疾走感も良いですね!気持ち良い!FFと言ったら、飛空挺ですよねairplane





 ・そして、絶対に忘れてはいけないのが音楽note
 いや~やっぱり、植松さんは素晴らしいですよ。うん。久々にFFをプレイしながら、彼の音楽を聴いていました。オーケストラアレンジやピアノアレンジ版で、先に曲だけ知っていたのも幾つかあったので、ゲーム中のこの場面で、こういう風に流れていたのか・・・と、知る順序が逆ではありましたが、再発見という感じで面白かったです。なるほどなあ。勿論、初めて知る曲もあって、お気に入りの曲を発見しながらプレイしていました。植松さんは本当に良い曲を作るし、サウンドエンジニアの方々も、良い仕事をされてますよね。


 

 今回、特に好きだな・・・と思ったのは、以下の3曲です。FF7で人気の曲と言えば、「エアリスのテーマ」だと思うのですが、私は、それよりも断然3曲の方が好きですね。



 ・「星降る峡谷
 この曲がずっと聴いていたいばかりに、意味もなくこの曲が流れる街に長期滞在していました笑。

 


 ・「シドのテーマ
 
 シドのテーマは下をお聴き下さい。ピアノアレンジもあったんですが、ギターの方がより哀愁を漂わせて、キャラクターにも合っていると思います。


 






 こちらが、ゲーム原曲・・・興味がある方はどうぞ。









 

 ちなみに、今回、一番のお気に入りは、通常戦闘曲の「闘う者達」です。めっちゃ格好良いcatfaceシリーズ歴代通常戦闘曲の中で、最も好きかもしれない。私が特に好きなのは、後半部分なんですが、たまらなく格好良いです。いや~好きだなあ。あそこだけ、リピートしてずっと聴いていたい位なんです。




 ピアノアレンジ版ですが、こちらを聴いてみて下さい!私が特に好きな個所は、2分3秒過ぎから演奏されます。それにしても、この人、ピアノとても上手いですよね。



 


 

 一応、ゲーム原曲はこちら・・・。55秒過ぎからがホントに格好良い!!でも、その一番好きな部分は、55秒から1分13秒までしかない・・・weepたった20秒程度なんですよね~・・・。そこだけ、もう1回繰り返してくれても良かったのにな~なんて思ったりして。

 



 

 
 
 「シドのテーマ」も「闘う者達」も、とても好きなんですが、2曲ともオーケストラで演奏されたら、もっともっと迫力があって格好良いと思うんですよね~。シドのテーマは、ギターも良いけど、やっぱり低音が格好良いじゃないですか。後半の盛り上がり部分は特に管楽器が似合うと思うんですよね。そして、何よりも、「闘う者達」の後半部分(しつこいけど繰り返す笑)!!ぜ~ったい、格好良いですよ。もう絶対絶対格好良い。信じて疑わない。譲れない。うあ~格好良いのにな~・・・と思っていたら、同じことを考える人はいるらしく、某アマチュアのオーケストラ団体の方々が、5月下旬にコンサートを開いた際、「闘う者達」を演奏されているんですよね。あああ~。。。もっと早く気付いていたら、絶対聴きに行ったのになあ。くぅ。悔しい。。。

 



 高校2年の冬に、東京国際フォーラムで開かれたFFのオーケストラコンサートに行った際、アンコールで流れたFF8の「The Man With The Machine Gun」が、もう本当に格好良くて感激した記憶があります。あれは、痺れた。アンコールなので、何が演奏されるか予想できない中で、いきなり格好良いイントロ・・・。あれは鳥肌立った。それと同じくらい、「闘う者達」もオーケストラアレンジされたら格好良いんだろうなあ。物凄い願望を抱いています笑。






 願望と言えば、自分で演奏出来たら、もっと感動するかもと思いました。良いなあ~・・・団体で、あの曲を迫力満点で演奏してみたい。自分も、格好良く吹いてみたいと初めて思いました。自分でも何故だか分からない位、素敵な魅力があります。くぅ~・・・格好良いだろうなあ。あのメロディーを吹く為に、楽器を習いたい衝動に駆られています笑。自分って、物凄い単純だなあcoldsweats01






 あ・・・。

 ・・・

 我に返ると、随分アツク語っていたことに気が付きました笑。

 ・・・



 いや~暫くFFをプレイしていなかったので、久々に植松さんの音楽に触れたら、反動で止まらなかったみたいですrunちょ~っと暴走してすいませんtyphoon次々にYouTubeを巡ってしまいました。その中で感じたことは、日本人の演奏者だけではなくて、外国人の演奏者が凄く多いということです。コメントも、英語でコメントされていることが多いし。凄いなあ・・・日本のゲームの音楽が、世界中で受け入れられていることが、とても嬉しい。






 よく、「ゲーム音楽なんて・・・」と残念な言われ方をしたり、理解されないことが多いのですが、植松さんの音楽は、世界で通用する素晴らしい音楽なんだと、何だか嬉しくなりました。アメリカでコンサートを開いたりしているんだもんなあ。これから先も、胸を張って好きだって言い続けよう。





 FF7のプレイ感想と言うより、音楽感想って感じになってしまいました笑。まあ、良いか!植松さんの音楽は、とても魅力的なのだから。

| | Comments (2)

September 14, 2008

我が家でもFit

 遅ればせながら、ついに!



 我が家にも、「Wii」が登場しました。テレビに接続して、リモコンで滑らかに画面が動いた時は、時代は進んだなあ・・・と妙にしみじみしてしまいました笑。







 実は、今年の夏のボーナスで、両親にWii本体とWiiFitをプレゼントしていたのですが、何だかんだとバタバタしていて、せっかく買ったのに、一度も開封しないまま、2ヶ月も部屋に放置していました・・・。ごめんね、我が家にやって来てくれたWii君。






 このまま開封せずに、年を越しそうな勢いだったのですが、今日、ようやく箱から出したのでした。Wiiのお出ましと同時に、PS2は引退・・・。当分、PS2で遊ぶ予定がないので、箱に仕舞うことにしました。長い間、お疲れ様でした。






 そもそも、Wiiを買った目的は、母と一緒にWiiFitをすることだった訳で、早速、基礎測定をやってみました。本格的なトレーニングは明日から!これで、ちょっとは運動不足が解消出来ると良いんだけどな~・・・淡い希望を持っています笑。個人的には「筋トレ」のコーナーで、筋トレに励みたいです。母は、「ヨガ」を希望だそうで、母が喜んでくれると、私も嬉しいです。父も、参戦するのかな・・・・。ま、家族コミュニケーションが活性化すれば、より一層嬉しいですね。







 そうそう。Wiiでは、自分のキャラクターを作ることが出来るのですが、私も、自分の似顔絵を作って、登録しました☆ここだけの話、自分の似顔絵は、本物と瓜二つの出来映えです!!いやいや、ホントホント!!超そっくりです。自画自賛してしまう程、あれは、何処からどう見ても自分だ笑。似顔絵作りだけで、盛り上がっちゃいました。

 しばらく、週末はWiiFitで遊べそうです。筋トレ頑張ろう。

| | Comments (0)

August 17, 2008

DSでゲーム三昧

 
 さてさて、結局、あの後眠れたのかというと・・・夕方4時頃から、ようやく2時間程度眠れました。今日は、半袖だと少し肌寒い程の気温だったので、布団が心地良かったのでしょう。少し眠れたので、体をリセット出来て良かったです。ちなみに、英語の本は読んでません笑。







 話が急に変わりますが、久々にゲームネタを書こうと思います。ご存知の方はご存知かと思いますが、ワタクシ、結構ゲーム好きだったりします。大学生ぐらいまでは、PS2でゲームをやってました。DQ8とか、SO3とか、FF12とか。でも、社会人になってからは、パタッとゲームをしなくなっていました。いやね~そんな時間が取れなくなったんですね。あと、気力も笑。休みの日に、テレビに向かってゲームをやる元気がなくなっていました。



 でも!!「テレビ」に向かってやる元気がなくなったのであって、「ゲーム」をやる元気が全くなくなった訳ではありません笑。こっそりハードを換えて、ゲームを楽しんでおりました。新しいハードは、お察しの通り、「DS」です。お手軽だし、そんなにパワーは要らないし笑。社会人になって、欲しいソフトがあれば、自分の責任範囲内で買える様になりましたしね←これ、一番大きいかも爆。





 

 今の所、面白かったのは、「FFTA」・「FFTA2」と、「DQ4」ですね。やっぱり、FFTAシリーズは面白かった!1も2も面白かった!私はタクティクスが大好きなんですよ。あれは、ハマリますね。ついついやり込んでしまうのデス。「FFTA2」に至っては、1ヶ月間の九州生活のお供にも連れて行きました。また続編出ないかな・・・絶対やるんだけどな爆。









 「DQ4」も、とても面白かったです。実は、DQ4はこれまでやったことがなくて、今回が初プレイ。でも、十分に面白かったです。やっぱり、ドラクエはプレイヤーの期待を裏切らないですね。裏ボスも、最後の最後までやり通したし☆楽しかったなあ。






 逆に、個人的にあんまり面白くなかったのが、「FF3」と、「FF12RW」。何だろうな・・・音楽は嫌いじゃないし、別に綺麗な画像だし、システムとかに不満がある訳では全くないんです。良い作品だと思うんですが、あんまり面白いとは感じられなかったんですよね。気に入ったソフトは、また遊ぶこともあるだろうと思って、手元に大抵は置いておくのですが、この2本は、クリアした後、すぐに売り捌いてしまいました。まあ、そういうこともあります。
 





 

 そして、今、遅ればせながら、新しく手を出しているのが「FF4」です。その昔、クリアしたことがある作品なので、DS版はまだ始めたばっかりなんですが、すご~く懐かしい!!特に、音楽が懐かし過ぎて、たまらないですね。SFCの音源に近付けてあるので、懐かしい雰囲気が出ているんです。植松さんのファンとしては、嬉しい限りですね。懐かしいな~と思いながら、楽しんでプレイしています。まだまだ始めたばっかりだし☆







 ・・・と、こんな感じで、実は、さりげなくゲームをやってますね、ワタシ。書き連ねてみて、自分でビックリした笑。ま、これも気分転換の一つということで!とりあえず、当分はFF4を楽しみたいと思います。その後は、DS版DQ6の発売時期にならないかな~。楽しみ楽しみ。



| | Comments (0)

January 31, 2007

3種の神器

  ずるい!!ズル過ぎる!!!


  もう~・・・うぅううううう~。


  ・・・あ、はい。すいません。いきなり悔しがって、皆様は訳わかんないですよね。すいません。いや~、でも!!本当にずるいんですって。いやね、こんなソフトが発売されるというニュースを目にしたんです。


  『FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争』発売!

 
  そう、このソフトが悔しさの原因だったりして・・・笑。だから、深刻な問題では全くありません。


  このニュースを見た瞬間は、大して気にも留めませんでした。また近頃流行の、単なる移植版の発売だろうと思ったからです。私は、この「FINAL FANTASY TACTICS(以下、FFT)」というシュミレーションRPGが大好きでして。元々、FFファンではあるのですが、中学生の時にこれをプレイして以来、FFTは好きですね。音楽・ストーリーが共に最高!!戦術も奥深いし・・・結構、頭を使うゲームだったりします。何より、設定が細かくて、歴史の裏を感じさせるストーリーが良いんですよ。


  でね、これが単純に「移植されるだけ」、なら別に悔しくも何ともない訳です。だって、1回プレイしているから、わざわざ買わなくても良いし・・・。しかし!!しかしですよ!!今回は、PSPで発売されるのですが、新たなキャラ設定・オリジナルムービー・新たな戦術システムなどなど、かなり新しいモードが追加されているらしい・・・。でも、それでも、これだけなら、私は買いません。悔しくない。


  ・・・じゃあ、何が悔しいかって??

 
  ずばり、申し上げましょう!!


  FF12の主人公であり、私が歴代FFの主人公の中で、断トツで気に入っているバルフレアが、新しいキャラとして登場するからです(どど~ん)!!

 
  ・・・これは、ずるい。


  ・・・これは、悔しい。

 
  ・・・これは、是非ともやりたい。

 
  ・・・っていうか、やらなきゃ。

  
  と、言う訳なんですね。あ~欲しい。


  でね、悔しさの本題はここからです。皆様には、「そんなに欲しいなら、買えば良いじゃないか」と言われると思うんですけど、私はPSPは持ってないんですよ。これまでに、そんなに欲しいソフトは無かったし。それに、あんまり携帯ゲーム機を欲しいとは思わなくて。外でまで、ゲームをする気にはなれないんです。そんなにゲーム漬けになりたくない。


  でも、今回のはPSP!まず、このハードを買わないと、ソフトだけ買っても遊べない・・・。でも、このソフト以外の欲しいPSPの欲しいソフトは特に無いし・・・勿体無い・・・。

 
  それに、さらに悔しいことには・・・


 ①FFの最新作は、「PS3」で発売される。
 ②FF12の続編は、「DS」で発売される。
 ③ドラクエの最新作は、「DS」で発売される。
 

 ・・・ほら、もうね~。アリエナイ!って感じですよ。FFもドラクエも、最新作はやってみたいなあと思うものの、「PS3」も「DS」も、どのハードも持ってないんです。要するに、私は、これらを全部やりたいなら、新たに3種類ハードから購入しなければならない訳です。そんな勿体無いこと、とてもじゃないけど出来ない!!


 だから、「ずるい!!」という、冒頭の発言に至る訳です。


 ずるいよ~。本当にさあ・・・。同じハードで出してくれれば、絶対全部買うのに・・・(←買うのか?!)特に、FFTがPSPで出るっていうのが、一番悔しい。それこそ、DSで出してくれれば一番良いのに・・・上手い商売を考えるもんだなあ。あ~、上手にゲーム会社の戦略に踊らされている気がします。ううう~悔しい。でも、悔しいからこそ、どれか一つだけ買って、後は、多分買いません。「ゲームが必需品!」という人種ではないので、我慢できますから。それに、その内、ゲームに費やせる程、お金と時間に余裕も持てなくなるだろうし、いい加減にゲームからも卒業しないとなあ。


  ・・・う~ん、その中でも敢えて選ぶなら、やっぱり、バルフレアが捨てがたいので、PSPが優先順位として高いかなあ・・・。PS3は、まず買いません!PSPかあ・・・どうだろう。まだ、発売時期が未定なので、このまますっかり忘れ去ることが出来たら良いなあ~と思います。自分で自分に暗示を掛けよう笑。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2006

FF12終了!

  
  M_img04

 実は、6月末くらいから、FF12としばらくお友達でした。思えば、就活の真っ最中である3月にソフトが発売された為にすぐには買えなかったし、内定が決まってから買って、いざやろうと思っても、今度は教育実習で遊ぶ暇が無くて・・・。ようやく夏休みに入って、何にも邪魔されずに思う存分プレイしていた!!という訳です。


  FFとの出会いは、従兄弟が遊んでいたFF4かなあ。その時は、隣に座って見てただけ。家にゲーム機なんて無かったし。実際に自分でプレイしたのはFF5からで、その後、FF3・FF7とFF10-2を除いて、FFシリーズの作品は全てやったことがあります。ああ、クロニクルと、タクティクスアドバンスはやったことがないや。該当するゲーム機を持ってないから。そうそう、私は、ゲームは基本的にRPGしかやりません。


  う~ん、振り返ってみれば、スクウェアとエニックス以外のRPGってやったことがないなあ。しかも、この2社は合併したし。他社のRPGには、あんまり関心が持てないんだなあ。何でだろう。いやいや、本当に!!え~・・・・思い出してみるけど・・・ドラクエ、サガ、SO、ヴァルキリー・・・あれ・・・本当に無いなあ。偏ってる笑!ほら、マリオとかヨッシーとかはRPGじゃないから、任天堂のRPGもやったことないかもなあ。


  だから、私は、ゲームが好きというより、「FF」が、好きなんですよ。ストーリーも良いかもしれないけれど、何が良いって、断然「音楽」が良いと思う!!作曲者植松さんの作る音楽は、メロディーが印象的なんです。耳に心地良い音楽。まあ、ゲームに限らず、BGMが結構好きなんで、音楽重視ですね。

 
  歴代FFの中では、FF6が好きです。個性豊かなキャラクターが良かった。勿論、音楽も!!次は、FFTかなあ。タクティクス、凄く面白かった。あれは良い!最後は、強くなり過ぎて・・・以下自粛。逆に、個人的にFF10は好きじゃないです。どうしてか、何となく好きになれなかった。物語はまあまあ面白かったですけど・・・プレイヤーの自由度が低くて、展開が半強制的に進められたのが嫌だったなあ。もっと自由に動きたい!


  さてさて、今回の作品であるFF12ですが、ようやくクリアしました!!いやね、クリアするだけなら、とっくの昔に出来ていたんですが、あちこち寄り道したり、本筋から離れて遊んでいたら、時間が思ったより掛かってしまいました。


  FF12の感想・・・・じゃかじゃん!!


  私は、好きです!!だって、彼が格好良かった!!
  ↑これで、分かる人は分かるでしょう笑。


  久々に面白いと思いました。というか、物語や、設定・キャラクターなどが私好みだったんですね。登場キャラクターが多いっていうのが良いね。面白い。物語も、歴史っぽさがあって良かった。一部、スター○ォーズに似ているという噂があるけど、見たこと無い私には無関係だし。そして、今回は、プレイヤーの自由度が非常に高い!!どんな風に進めても、何処へ行こうが何しようが、プレイヤーの自由。本筋からしばらく外れても良いし。うんうん、こういうのが良いんだよね。自由に遊ばせてくれるってのが!


  何より、とあるキャラクターが最高に格好良いんですよ~。「空賊」という設定なんですが、キャラクターの性格や行動・言動パターン全てが格好良いし、声も良いし!!文句無しでございます。素晴らしい!!初登場時から、彼だけはずっとスタメンで起用。外すとかあり得ないし!!彼の物語がどうなるのか知りたくて、ゲームを進めていた様なものです←言いすぎか笑。元々、モーリス・ルブラン作のアルセーヌ=ルパンが大好きな人間ですから、好きな種類の登場人物だったんでしょうね。ドツボでした。


  なので、「大好きなキャラクターがいた」という理由で、FF12は満足してクリアできました。それに、好きなFFTの要素が色濃く出ている作品なので、それも高評価の一つ。FFTが好きなんで、細かな設定にはニヤリとしました。音楽も、メインコンポーザーが植松さんでは無くて、多少残念だったけれど、タクティクスの作曲者が担当していたので、全然問題なし。その人の音楽も好きなんです。ただ、FF12という作品そのもので見るなら、色々と疑問は残ります。エンディングを迎えても釈然としない・・・。何でそうなるの?あそこは一体どうなったの?という、伏線を全然回収しきれてないんです。これが、もし小説だったら、失敗作に分類されそうなシナリオです。う~ん、続きを作って欲しいくらい。


  今は、残りの寄り道をしています。あと、2体の裏ボスみたいなものを倒しに行く途中。それが終われば、完全に終わりですね。そうなると、ちょっと寂しい。クリアしちゃうと、妙に寂しさがあるんですよね。いつも。


  多分、FF12を終えたら、当分ゲームはやらない気がします。今の所、やりたいソフトも無いし、何て言ったって、卒論が待ってるし・・・。今度プレイするのは、自分の人生RPGで、大学生活のラスボス:卒業論文を倒すというイベントに入りたいと思います。あ~・・・ラスボス倒しに行くには、それなりの準備と修行をしないとね・・・。そろそろ、ちゃんと卒論やりましょうかね。


  という訳で、物語の突っ込み所は押さえつつ、FF12で十分に楽しませてもらいました。バルフレア、格好良かったなあ~。 


  
  

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 16, 2006

いつの日か解禁!

  
  m_img04今日の、アキハバラには、人が多かったんじゃないでしょうか!そう、今日は、国民的大作の、FF12の発売日だったんです!!テレビCMで見る限り、映像がか・な・り・綺麗です。ヤバイです。ここまで来ると、スーパーファミコン時代の2頭身キャラが、懐かしくなってくるほど。私の中では、FF6が、今も色褪せない名作です。それはともかく、PS2のスペックを最大限に活かした今作は、単純に凄いなあと思っています。音楽も、植松さんではないけど、FFタクティクスを担当していた好きな作曲家さんが作っているので、期待しているんです。最高に楽しみな作品なんですが・・・・・・!!!!!!


      どうか、一つだけ、文句言わせて下さい。

「何で、この時期にFF最新作をリリースするんだ!!」(ど~ん)

  世間の皆様が羨ましい限りです。就活真っ只中の自分には、ゲームだなんて、遠い世界のお話です。くう~・・・やりたいのに!やりたくて仕方ないのに!その昔、やりかけだったドラクエ7を封印して、大学受験の勉強を始めた頃が懐かしい。まあ、それぐらい我慢できますよ。で、就活が終わったら、絶対プレイします!!ねえ、Dぶちょーさん。我々が、このまま指をくわえて黙ってる訳がないよねえ~笑。


  今日、夜になって、教育業界屈指の人気企業から、ES通過のお知らせが届きました。安心しました。どの程度通過しているのかは知らないけれど、やっぱり嬉しいものです。今度は、WEB試験。頑張って、試験も通過したいと思っています。頑張ろう、算数。FF!!とか、叫んでる場合じゃなかった笑。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 02, 2005

衝撃の事実発覚!!

 以前から、私がFFの作曲者である植松伸夫さんの大ファンだということはこのブログでも何度も書いてきたんですが。最近、植松さんがFFの作曲をしてなくて残念だということまで書いたこともあるんですけども。そんな植松さんに、私が知らなかった事実があったんですよ!


  実は、植松さん、2004年の10月にスクウェア・エニックスを退社されていたんです!!

  驚きました・・・。退社されているなら、それは最新のFFの曲作りには、以前ほど積極的に参加なされないですよね。今は、SMILE PLEASEという新しい会社を作って独立され、自ら代表取締役社長となっておられる様です。

  独立されてからも、FFとの関係は切ってないようで安心しました!きっと、もっと素敵な音楽が生まれるだろうと思い、非常に期待しております。私は、何時までも植松さんの大ファンで在り続けます。
  植松さん、3・4年前にも週刊ファミ通でコラムを連載されていたのですが、また連載が復活したみたいなんです。毎週の楽しみが増えた!!植松さんの物事の切り口が、私は好きなんです。植松さんファンの皆様、必読ですよ。

 FFの生みの親と言えば、音楽では植松さん。シナリオなど総合プロデューサーでは坂口博信さんが、絶対に忘れてはならない人物です。坂口さんがいなければ、この世にFFは生まれてないですから。で、坂口さんも、植松さんよりも前に退社されていて、ご自分もMISTWALKERというゲームプロデュース会社を作ってらしたんです。で、そこに植松さんもコンポーザーとして、参加してらっしゃるんです!!!!!これは!!植松さん作曲のゲームがまた世に出るということですよ!

 実際に、Xbox360専用ソフトで2本タイトルが発表されております!!「BLUE DRAGON」と「ロストオデッセイ」の2本。これが、凄いですよ!!!!!!
 何が凄いって!コラボレーションが夢過ぎる!!!!
 「BLUE DRAGON」・・・・製作総指揮 坂口博信氏
                キャラクター 鳥山 明氏
                音楽     植松伸夫氏

 「ロストオデッセイ」・・・製作総指揮      坂口博信氏
             メインキャラクター     井上雄彦氏
             シナリオ         重松清氏
             音楽          植松伸夫氏
  
何なんですか?!?!このコラボレーション。凄い。凄すぎる・・・。

  ドラゴンボールの鳥山さんですよ!スラムダンクの井上さんです!小説家の重松さん!もう、これ以上の贅沢はないんじゃないかって思う。う~~~~ずるいよ。12月10日発売のXbox360、滅茶苦茶欲しいもん。サンタさん、クリスマスプレゼントに、これ下さい。

  超ビッグタイトル。これは、Xbox360を売り込む最大のアピールポイントになるんだろうなあ。あ~欲しいなあ。ってか、ズルイです笑。ん~~~~~~~。就活が終わったら、絶対にやろう。いや、やる!!間違いない。こうなったら、一日でも早く開放されたいです笑。

  多分、サントラが発売されたら、サントラだけでも先に買ってしまう気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2005

最優秀賞!

  
 朝日新聞の夕刊を読んでいたら、「CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は『第9回 CESA GAME AWARDS』の受賞作品を発表した。」との記事が載っていた。この賞は、2004年4月1日から2005年3月31日までの間に国内で発売された作品を対象とするものだ。そして、 その最優秀賞には333万本の売上を記録した『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』が選ばれ、同時にベストセールス賞も受賞したとのこと。おめでとうございます!

 私は、このドラクエⅧは、素晴らしきゲーム仲間(嫌とは言わせないし、絶対否定もさせない笑)のDぶちょーさんから借りてプレイしました!何か、もうね、王道中の王道と言うRPG!!気持ちが良いくらいのストーリー展開で、流れは単純だけど、良いなあ!!と思わせるゲームだった。話の筋は、結構好きだったし、音楽も、巨匠すぎやまこういち氏らしさが全面にあふれ出てて良かった。特に、「おおぞらをとぶ」が好き。あ、すぎやま氏もドラクエ8のコンサートを開くみたいですね。ドラクエは、そのシリーズごとにコンサートを開いているから凄い。FFも、シリーズごとだったらどうしよう・・・。全部行きたいな笑。
 
 で、FFが、ゲームのシステムやストーリーが複雑になりすぎている今、ドラクエ8の単純明快さが新鮮だった。しかし、スクウェア・エニックスは、赤字みたいですね・・・。頑張って下さい!素晴らしいゲームが世に出るのを楽しみにしてますから。でも、あんまり難しいのは付いていけないので、ほどほどな感じでお願いします笑。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 29, 2005

たまには・・・

 今日は、朝7時からバイトに行って、夕方17時半頃に、自宅に帰ってきた。で、久し振りに、ドラクエ8をやってみた。何て、久し振り!!ずっと忙しくて、この1ヶ月程、全くゲームをしていなかった。このドラクエは、サークルの友達からの借り物。気前良く貸してくれて、感謝。持つべきものは友達だ!

 既に、物語自体はクリアはしているのだけれど、まだ、隠しダンジョンを完全クリアはしていない為、半ば、エンドレスの状態でゲームしている。別に、もうドラクエ8を続ける理由は無いんだけど、どうしても、全て、あの装備を揃えたいという欲求から続けている。コレクター魂に、火が付いちゃったんですな。もう、止まらない!

 と、いう訳で、いつ終わるか分からない。ただ・・・。もうすぐ、FF12が出るので、きっとそっちに自分は流れてしまうだろう。自分は、FFの方がドラクエよりも好きだから!いや、勿論、ドラクエも大好きだ。そろそろ、ゲーム自体卒業しなきゃいけないんだろうけど、たまには、良いんじゃないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)