« まだまだヒヨコ | Main | 球場をはしご »

May 05, 2017

3代目へ

 GWに入る前に、何と約8年振りにパソコンを買い換えました!



 前回買い換えたのは、2008年11月でした。あれからもう8年経つとは・・・。当時のブログが残っていたので、久々に読み返してみました。気になる方は、こちらからどうぞ。この時の記録によれば、当時は当時で、大学から使っていたVAIOからDynaBookへ、約6年振りに買い換えた様子。この時も「6年使ったのか」というトーンで書いていますが、今回はそれを上回る8年振り・・・記録更新です。このまま行くと、次回買換は10年後だったりして。・・・我ながら、ありえそうな話で嫌だな・・・笑。




 でも、最初は買い換えるつもりなんて、とあるメールを読むまでは、本当に全く無かったのです。今のパソコンは、起動に凄く時間が掛かる様になって、反応も遅くなっていました。定期的なウィルスチェックがバックグランドで動いている時には、もうそれしか動かなくて、ネットには全く繋がらず・・・。それ故にパソコンを立ち上げるのが億劫になり、更にスマホが発達しているので、もうネットはスマホで十分だったりして、パソコンを全く立ち上げないまま過ごせる様になっていました。確かに、パフォーマンスは落ちていたけれど、まだまだちゃんと動くし、何か文章を書く時や真剣に何かを調べたい時には使えたし、DVDだってきちんと再生も出来たし・・・ということで、差し迫った買い換えの必要性を感じていなかったのですよね。



 しかし、3月下旬に、パソコンの利用者登録をしているため、東芝様から1通のメールが届きました。



 「今、お使いのWindows Vistaは、2017年4月11日でサポートが切れます。この機にパソコンを買い替えてみては如何でしょうか?・・・云々・・・」



 最初は、いつもよく来る、パソコン買換のプロモーションメールかなと思い、すぐ削除しようと思って気にも留めていなかったのですが、「Windows Vistaのサポート切れ」という単語で引っ掛かり、よくよくメールを読むと、「Microsoft から新しいセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の修正プログラム、無料または有料のサポート オプション、オンライン テクニカル コンテンツの更新が提供されなくなり・・・云々・・・」という文章に行きつき、このままスルーしてはいけない事態であることを、ようやく認識したのでした。
 


 OSを、Windows10へアップグレードすれば、今のパソコンもそのまま使えるのでしょうが、今のパソコンをもう8年も使っていることを踏まえて、思い切って新しいパソコンに買い換えることにしました。OSを替えても、多分、この8年の間に技術革新は目覚ましく、ハードもCPUもメモリも、多分全てが新しいOSに追い付かないと思ったのですよね。あと、その翌週に届いた、東芝様からの新しいプロモーションメールを読んで、OSの入替ではなく、パソコンの買替を決断しました。そのメールには、今回のタイミングでパソコンの買換を促進するべく、新旧DynaBookを比較することで、どんなに2017年モデルが新しくなったかをPRするWEBページが案内されていたのですが、それを見たら、比較対象となっている旧いパソコンは、なんと2012年モデル・・・汗。「今のパソコンを使って、もう5年以上経っていませんか?そのパソコンと今の2017年モデルのスペックを比べて下さい。こんなに違いますよ」と謳われていました・・・汗。2012年モデルですら、この扱い・・・。それより更に4年も前になる2008年モデルでは、もうお話にならないということかと思い、買替を決断しました。ちなみに、その東芝様のページがこちら。結構分かりやすいと思いました。


 あと、各メーカーが、VistaからWindows10への買換特需にあやかろうとしたり、丁度4月で新生活応援セールと銘打った値引きセールを繰り広げていたので、それに乗っかることにしたのでした笑。




 で、パソコンを買い替えようと思ったは良いけれど、次はどのパソコンを買うべきか、結構悩みました。前回は、VAIOからDynaBookへと移籍しましたが、そのままDynabookの新しいモデルを買うか、VIAOに戻るか。はたまた他のメーカーに移籍するか・・・。パソコンの使用頻度を考えたら、前回は結構スペックにこだわって買ったけれど、必要最低限の機能があれば充分だし、海外メーカーの安いパソコンでも良いかなと思ったり、いやいや、せっかく買うからには納得のいくものを買いたいな・・・と悩んだり。国内メーカーでも、アウトレット品、2・3年前のモデルでも充分だなと思ったりして、中々決められませんでした。最初、Amazon先生のタイムセールで安いパソコンにしようと思っていた位ですが、買う決断をする前に、家電量販店へ見に行ってみたりと、グラグラ揺れてました。




 結果的にどうしたか、と言うと、東芝様からのプロモーションメールで買換を決断したのに、DynaBookを離れました。ご・・・ごめんなさい、東芝様・・・。悪気と深い意味は無いので許して下さい。どのパソコンにしたかと言うと、LenovoのThinkPad E570にしました。何故、Lenovoにしたかと言うと、アメリカに赴任していた時、現法で貸与されていたパソコンがThinkPadだったのですが、その時、ThinkPadの特徴であるトラックポイントが凄く使いやすいと感じ、個人的に好きだったからでした。トラックポイントのことは、最初は「何だこれ」と思っていたのですが、トラックポイントに慣れてしまってからは、逆にマウスなんて要らないとまで思うほどでした笑。ThinkPadではないパソコンを使っている時も、左手人差し指がThinkPadキーボードなら真中にあるはずの赤いポイントを触ろうとして触れなくて、「あ、これはThinkPadじゃない」と、後から気付くこともしばしば・・・。すっかりトラックポイント中毒になっていました笑。
※トラックポイントとは、キーボードの中央に設けられた突起状のボタンのこと。ThinkPadのキーボードは、この赤いボタンが特徴的で、これを使うことで、ホームポジションから手を離さずにマウスカーソルの操作ができるのが凄く便利・・・だと個人的には思う。



 DynaBookも一緒に渡米していたのですが、ThinkPadを借りてからはマウス要らずでノートパソコンを操作できる便利さに開眼。IKEAで買ったロッキングチェアに悠悠と足を伸ばして座り、コーヒーをサイドボードに置き、膝の上にThinkPadを乗せながらパソコンを操作できてしまう、なんて極楽を味わってしまうと、マウスが要るDynaBookにはもう戻れず、ずっとThinkPadを使っていました。あ、勿論、DynaBookdもタッチパッドがあるので、マウスがなくても操作は出来るのですが、私にとっては、タッチパッドは細かな操作や長距離をドラッグするのには使い難く、その点、トラックポイントは細かい操作も長距離ドラッグも思うままに出来るので、使いやすかったです。




 ということを思い出し、私用パソコンでもThinkPadにしよう、と思い立ったのでした。思い立ってからも、少し悩むところはありましたが、一度「ThinkPadにしようかな」というアイディアを思いついてからは、もうThinkPadから離れられませんでした。




 ThinkPadを個人で買うには、公式HPからネットで好みのスペックにカスタマイズして、オーダーすることが出来ます。今回、新生活応援セール&Vistaからの買換セールということで、公式HPで割引に少しなりました。


 今回オーダーしたスペックはこちら!2003年のVAIO時代から比べると、時代の流れを正しく感じますね・・・。( )内は、2008年←2003年の記載順になります。



 ①OS・・・Windows10 (←Vista←XP)
 ②CPU・・・intel Core i5-7200U 2.50GHz
  (←intel Core 2 Duo P8400 2.26GHz←Celeron 1.70GHz)
 ③メモリ・・・8GB (←2GB←256MB)
 ④HDD・・・500GB (←320GB←40GB)
 ⑤無線LAN搭載 (2003年当時は無線LAN未搭載)



 どうですか、これ。8年前と比べると、こんなに大きな変化があり、そりゃ、買替をプロモーションメールで勧められる訳だ笑。そして、14年前とは、時代が全然違いますね。HDDが、2003年は40GBしかなかったなんて、信じられないですね。メモリも256MBしかないなんて・・・。技術革新が目覚ましいですね。今回は、HDDを1TBにカスタマイズすることも出来たのですが、少し調子に乗って、HDD1TB導入ではなく、SSD128GBを載せることにしました。あと、外付けHDD500GBも別途買ったので、これで当分の間は、容量不足や動作が遅くなる心配はないでしょう。愕然としたのは、バッテリー駆動時間の違いです。今回のThinkPadは、バッテリー駆動時間は最長11.3時間らしいのですが、2008年DynaBookは、たったの1時間程度でした。何この違い・・・。というか、1時間しか持たなかったのか。。。今となっては、もはやバッテリーに充電すらできない状態だったので、1時間しか駆動しないことをすっかり忘れていました。




 自宅に届いたThinkPadの段ボールを早速開いて取り出してみて、一番驚いたのは、その厚さですね。DynaBookの約半分でした・・・。画面もFHD液晶で美しいし、そして起動してからが早い!指紋認証機能もあり、やっぱりトラックポイントが使いやすい!間違いなく、2008年にDynaBookを買った時もワクワクしたけれど、新しい電化製品が来る度に、最初はワクワクしてしまいますね。



 ・・・と、最初アウトレットだの旧いモデルや格安モデルを買おうとしていた人間とは思えないほど、色々カスタマイズしてしまいました笑。それでも、2008年に買った時は11万円後半だったのに、今回は約8万円で買えました。こんなにスペックが上がっているのに、お値段安くなるなんて・・・。思えば、VAIO時代はDynaBookよりも高かったはずで、いろいろ考えさせられますね。




 2008年当時のブログを読み返すと、VAIOにも、沢山の思い出があり、別れを惜しんでいる様子が窺えます。牛乳をひっくり返したり、レポート書いたり卒論仕上げたり、色々ありましたね。二代目DynaBookにも、やはり思い出はあります。VAIOは、学生時代に必要だから、ということで親が買ってくれましたが、DynaBookは、社会人になって、自分に対する初めての大きな買い物でした。初めて自分で買ったパソコンとして、凄く思い入れがあります。入社して2・3年目の頃、社会人として思い悩み、教員採用試験の履歴書書いてみたり、大学院の願書書いてみたり、ブログで日々を綴ってみたこともありました。アメリカにも一緒に行って、無事に帰って来て、社会人として最初の10年は、このDynaBookと共にありました。そう思うと、前回と同じく、「1つの時代の終わり」を感じます。この二代目も、本当によく頑張ってくれました。




 3代目ThinkPadは、一体何年付き合ってくれるだろうか。次の10年は、一体どうなっているのだろう。分からないけど、出来る限り永く、一緒に過ごしていきたいなと思います。

 
 

|

« まだまだヒヨコ | Main | 球場をはしご »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« まだまだヒヨコ | Main | 球場をはしご »