« 温かいバトンを | Main | 3代目へ »

April 25, 2017

まだまだヒヨコ

 前の記事で書いた通り、25日は約6年振りに、前の課のメンバで集まって来ました。この日は、当日に色々とありまして、飲み会のスタートに間に合わなかったのですが、約1時間位、遅れて駆け付けた後は、昔懐かしい話で盛り上がり、時間は簡単に過ぎていきました。一次会終わった後は、品川の素敵なホテルの最上階にあるバーで二次会へ。当時の課長にご馳走になってしまいました。有難いことですね。



 皆さん、全く変わらずにお元気そうで良かったです。この日…は、特に後輩指導の難しさ、コミュニケーションの難しさを痛感しながら、会場へ駆け付けたのですが、このメンバで集まると、一番年下は私です。当時の指導課長・指導主任・指導員と勢揃いな訳でして、気分はまるで新人時代へ遡りました。入社して10年経っても、自分の立場が変わっても、昔、ご指導頂いた皆さんの前では、自分はまだまだヒヨコだなと思いました。間違いなく、当時の自分は、この皆さんにご迷惑とご負担をお掛けしたはずなので、この先何年経とうとも、皆さんへの感謝の想いは消えないだろうと思います。

 

 当時、ご指導頂いた内容、言葉、その想いなどは、よく覚えています。生まれた雛が、最初に見た動くものを親だと思うのと同じ様に、自分自身の原点は、やはりこの課であり、この先輩方であり、ここで得られた仕事の仕方・考え方なのだろうと思いました。今、在籍している課の方が、在籍年数としては長くなってしまいましたし、担当業務も教育から人事へとシフトいますが、ルーツは「ここ」なのだなと思いました。会社人生で初めて出逢った方々が、このメンバで本当に良かったなと思いました。



 この会社は広い様でいて狭く、狭い様でいて広く、1回繋がった縁は、今後、色々な形で再び繋がって行くのですよね。実際、今の課のメンバにも繋がっているし、きっとこの先も、形を様々に変えながら、再び一緒に仕事をすることもあるだろうと思います。今回、約6年振りに再会して、少しは成長した姿をお見せ出来たかなと思うのですが、今後も、「あいつを新人時代に指導したんだ」と良い意味で自慢してもらえる様に、一生懸命頑張ろうと思います。

|

« 温かいバトンを | Main | 3代目へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 温かいバトンを | Main | 3代目へ »