« 車について~交通ルール編 | Main | ミュージカル »

December 14, 2013

A Belt test day

 先週土曜に、本当はダラスで空手大会に出場するつもりでした。そのつもりで色々準備していたのに、例のWinter stormにより、1月に試合が延期になってしまいました。中止になるよりは良いので、アメリカでの初試合に向けて、精一杯頑張りたいと思います。



 そして、今日は昇級審査を受けてきました!!



 空手の再開は6年振りですが、審査を受けるとなると、実に7年振りでした。自分の出番は少ないのに、かなり疲れました。



 8月に入門してから今まで、初心者として稽古させて頂きました。日本で所持している資格は、アメリカでも有効なのでしょうけど、6年のブランクはあまりに大きく、劣化した身体と技で、その資格を名乗るのはおこがましいと思ったからです。あと、全く違う道場に入門するからには、ちゃんと一からスタートするべきと思ったからでもあります。白帯を締めると、大学1年の頃を思い出して懐かしかったです。

 

 こちらの師範からは、11月に昇級審査の話を頂いた際に、「4級を受けるように」と言われていました。



 日本でも、道場によって色々と流儀が違いますが、アメリカでも、道場と流派に拠って、かなり流儀が違います。



 2つ道場に通っているのですが、1つは、とてもシンプルで、多分、4色くらいしか、白から黒帯までの間にはありません。もう1つは、虹の様に色が分かれていて、更に、色の中でも黒い小さいベルトを巻くか巻かないか、ということで帯分けに工夫がされています。今日行った道場は後者で、例えば、10級の黄色から始まり、9:オレンジ、8:青、7:紫、6~4:緑、3~1:茶色、初段:黒、となります。緑と茶には、6級はただの緑帯、5級は1本黒いベルトを帯の先に付け、4級は2本付けます。茶帯も同様です。



 大学時代は、白・茶・黒の3色しかなかったので、このカラフルさには驚きました。極真空手みたい。



 このカラフルさには、前者の道場の師範(会社の同僚)に言わせれば、


「目標が短いスパンで設定出来て、モチベーションの維持には良いけど、帯を一々買うのにお金掛かるからねー。お金儲けする為に、わざとカラフルにしている道場もあるから、僕はあんまり好きじゃない」


 とのこと。あーなるほど、と思いました。確かに一理ある。


 とは言え、子供たちには、色帯というのは凄く分かりやすいし、格好良いし、憧れるみたいなので、子供には効果的なのかなと思います。




 さてさて、4級と言われた私は、緑帯の黒ベルト2本をめざすことになります。日本でやってきたことを考えると、大学2年夏位まで戻る訳なので、実は4級というのは低いのかもしれません。でも、その時の私は、「6年のブランクって、そんなに劣化させるかー」と思って悔しいのが10%、「そりゃそうだよなー」と納得したのが30%、「え?そんなに高く評価してくれるの?」と意外だったのが60%という気持ちでした。他の練習生を見て、正直、6級位だろうと自己判断をしていたので、4級と言われて驚いたし、ちょっと嬉しかったです。


 4級に目出度くパスすれば、アメリカ滞在中に黒帯取得はムリだろうけど、茶帯まで届くかもしれないし、せめて茶帯は取得して帰りたいと思うようになりました。




 そして、今日。10時から審査開始。 



 見知らぬ人たちが一杯いるなーと思っていたら、試験官として来て下さった他の道場の師範方でした。よくよく聞いたら、なんと内1人はヒューストンから来たとか!何と・・・この為にわざわざヒューストンから?!日本で考えたら、名古屋から東京に来る感じでしょうか。凄いなと思いました。あと、他の師範は、違う流派の人もいました。これも凄い。いや、呼び寄せられる私の道場の師範が凄いのでしょうか。それとも、こういうスタイルがアメリカ式なのだろうか。審査はこの他の道場の師範が行い、私の師範は進行をするだけでした。



 日本にいた時、審査官は通常指導して下さる師範でした。他の道場の師範はいなかったし、ましてや、違う流派の師範が審査するなんてなかったので、このスタイルには驚きました。


 でも、私は、この方法は凄く良いと思います。普段の師範だと、生徒をよく知っているが故に、私情を挟んだりすることもあるかもしれないけれど、他の道場の師範であれば、非常に冷静に、公平にジャッジすることが可能だと思います。



 さて、そんなスタイルに驚いていたら、審査が始まりました。子供の生徒も一緒で、順番は、子供の級が低い順からスタートです。子供のスポーツする姿って、どんなスポーツでも可愛いと思うのですが、空手も勿論可愛いです。微笑ましくて仕方ありませんでした。


 微笑ましいなーと思って見ていたら、いつのまにか自分の番になってしまいました汗。



 審査内容は、勿論日本とはやり方は違うけれど、基本的には一緒です。基本技、移動基本、形、組手という感じです。


 

 自分は外国人だし、白帯だし、下手でも何でも気にしないと思って臨んだのに、途中、度忘れしたり、思い切りバランスを崩したりなどなど、相当緊張していたのでしょうね。何でもない形で、バランスを崩したのは悔しかったなあ。まだまだ稽古不足。悔しいと思ったのは、やっぱりそれなりに「良い格好」をしたかったからだと思います笑。やっぱり、謙虚さが足りなかった。。。



 終わった後、そのヒューストンから来た師範には、「とても美しいし、パーフェクトだけど、足りないのはバランス。何よりもバランスが大事だね。もっと練習しよう」と言われました。まー仰る通りで!!


 私は組手には参加せず見ていただけなのですが、その間、「これは4級も難しいかもな。あれだけバランス崩せば、5級かもなー」と思っていました。



 組手の後。師範のところに集まると、いきなり、ヒューストンの師範から、


 「はい、あすにーさん。空手で使う、身体の部位を日本語で答えて下さい」



 と質問されました。


 「え?なになに?いきなり、何の質問??」


 と戸惑ったものの、「えー上段、中段、下段?」


 ってこと?これで良いの?と思いつつ回答すると、どうやら正解だったらしい。


 いきなり何なの、と思っていると、どうやら、最後に知識問題が出題されることになっていたらしい笑。空手用語を正しく日本語で言えるかどうか、技名を日本語で認識できるかみたいな意図だと思われます。これは、私にはラッキーでしたが笑、唐突過ぎて驚いた。

 子供たちには、もっと簡単な質問がされていて、「1から10までを日本語でカウントしろ」とか、「teacherを日本語で言え」といったものから、「下段払いをしなさい」とか、「糸東流の創始者は誰?」というものがありました。これは面白かったな。


 最後に、みんなで写真撮影してようやく終わりました。



 帰り支度をして、師範に御礼を言って帰ろうとしたら、師範が、ヒューストンの師範と話をしろと言うので、彼に挨拶しました。


 「あすにーです。日本から来ました。今日はありがとうございました」

 「日本人だって知ってるよ笑。お疲れ様。とても良かったよ。綺麗だし、決まっていたけど、あとはバランスだね。あなたの師範は4級だと言っていたけど、3級だとジャッジしたよ。茶色の一番下のレベルね。これからも頑張って」




 とのこと(だったらしいと後から推測)。


 この時は、まだ4級に合格したと思っていたんですよ。いや、3級だって言われたけど、あんなバランスを崩して3級のはずが無いと思っていたので、何故かそれを疑っていて、本気にしていませんでした笑。次回へのアドバイスかと思ってた笑。



 ヒューストン師範と話が終わって、自分の師範と再び会話したら、


 「彼は何て言ってた?」

 「えーと、もっとバランスが大事だよねと」

 「彼は3級をパスしたって言ってたぞ」

 「あれ、やっぱりそうでしたか。本当だったんだ」

 「笑。おめでとう。良かったじゃないか。でも、茶帯の一番下だからな」

 「ははーどうもありがとうございます。」



 
 ということで、4級どころか、もう1つ上の3級を頂くことが出来そうです。これには驚いたし、物凄く嬉しかったです。まさに、Happy Saturday!!


 続けて、師範との会話。


 「いやー驚きました。でもとっても嬉しいです。Happy Saturdayです」

 「そうだろうよ。分かるよ」

 「茶帯は注文しないといけませんか?」

 「あー俺が代わりに茶帯を注文しといてやる。ベルトサイズは?」

 「んー多分4号です」

 「了解。安いのと高いのと色々あるぞ。どれが良い?」

 「例えば、どれがありますか?」

 「アディダスは質が良いけど高いぞ。これは安いけど薄っぺらい。KIが普通かな?一番良いのは、Tokaido(東海堂)。」

 「んー。。。。アディダスは確かに良いけど、高いです。東海堂はもっと高いし!KIでお願いします。」

 「だよなー東海堂高いよなー笑。じゃあ、多分、20$くらい。」

 「分かりました。ありがとうございます(内心:結構高いな!)」
 

 「あーそうだ。もう審査代払い終わった?」

 「はい。ちゃんと50$払いましたよ(6~4級までは50$で、3級以上は60$だった)」

 「3級パスしたから、60$になるんだよ。」

 「なんと!じゃあ、10$追加します(泣)」



 

 ということで、無事に3級をパスできました!最後の最後にきっちり審査代を上乗せされたけど、まあ3級取得料と思えば安いものです。疲れたけど、充実して良い一日でした。


 

 アメリカで茶帯を取る、という密かな目標を立てていたのに、それをクリアしてしまったので、1級取得に長期目標を切り替えて頑張ろうと思います。多分、あと1回(出来ても2回)しか審査を受けられないと思うから。



 
 次の短期目標は1月の試合です!出場するからには、優勝めざして頑張ります。

|

« 車について~交通ルール編 | Main | ミュージカル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 車について~交通ルール編 | Main | ミュージカル »