« 夏の台北へ | Main | 珍珠奶茶の街 »

July 15, 2012

海を越えた先にて

 毎年、この日は国内で迎えていたけれど、今年は海を渡ったところから、君に恒例のメッセージを。


 だって、海を越えても、空はずっと続いているから、きっと、この呟きも聞こえるでしょう?


 

 この日を旦那と海外で迎えている、というのも、凄く不思議な感じがするけれど、そんな一日を楽しく過ごせている、ということに感謝している。もしかしたら、自分の誕生日より、君の誕生日の方が、「生きていることへの感謝」を強く感じているかもしれない。変かな?

  

 過去を捨てるのでも忘れるのでもなく、かと言って、過去に囚われ過ぎることもなくなってきたと思う。大分、君を差し置いて、好き勝手生きる様になってきた(生きられる様になってきた)けど、それも、心が成長したからかなと、最近は思う様にしている。ん~?まあ、まあ。決して、忘れた訳じゃないって!下を向いて歩いている私より、上を向いて笑っている私の方が、君だって良いねと、喜んでくれるでしょ?!


 さてさて、そんな好き勝手に台北で旅している私から、最後にあの言葉を、君に。


 誕生日、おめでとう。

|

« 夏の台北へ | Main | 珍珠奶茶の街 »

Comments

今日は弟さんの誕生日なんですね。うちの祖母と同じで驚きました。

関東はちょうどお盆ですね。我が家では、20年前に旅立ってしまったじいさんが毎年ばあちゃんの誕生日には帰ってきていますよ。今でもお熱い夫婦です(笑)

きっと弟さんも、あすにーさんが毎年誕生日祝ってくれるの分かってて、楽しみに帰ってきてくれてるんでしょうね。

長々と失礼致しました。

Posted by: ふくはら | July 15, 2012 at 07:13 PM

>ふくはらさん

 あら、奇遇ですね。ご一緒でしたか!

 そうそう。東京は、7月がお盆なんですよね。きっと、実家に帰っていたことと思います。ああ、姉は海外逃亡中でしたが苦笑。

Posted by: あすにー | July 18, 2012 at 11:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夏の台北へ | Main | 珍珠奶茶の街 »