« 彼女の応援 | Main | 「中原の虹」 »

December 05, 2010

今度はインドへ

 この前、中国に出張したばかりairplaneなのですが、11月末頃に、課長に、「今度はインドねheart01」と言われ、年が明けた1月に、インドに出張することが決まりましたairplaneairplaneairplane



 インドには、先輩も出張していたから、先輩が異動したということは、自分にその役割が回ってくるのだろうなあと、薄々思ってはいたのですが、本当に行けるとはhappy02英語で引っ掛かって行けないと思っていましたsweat01ともかく、高校時代、恩師の話によく出て来たインドに、自らも行く機会が訪れるとは、何だか感無量です。



 先週、母校に行った時に、「先生先生!!今度、インドに出張しに行くんです!!」と報告したら、凄く喜んで下さった。プライベートではないので、余分なところに遊びに行けないのは残念だけれど、インドの地を踏めるのは凄く嬉しいです。




 嬉しがっているばかりではダメで、勿論、出張に向けて、色々準備しなければなりませんsweat02早速、先輩にインド出張が決まったことを報告したら、「歯磨きの時の水も、ペットボトルで!」と返信が来ました。おおお・・・き、気を付けようsweat01ペットボトルは沢山持って行かないとsign01あ、あと、食べ物は香辛料で辛いものばかりだとかcoldsweats02こちらは、慣れるしかないだろうなあ。



 

 そして、何よりも頑張らないといけないのは、英語・・・。



 う~・・・

 む~・・・

 ぐぅ~・・・

 ・・・きゅ~

 ・・・ぷしゅ~・・・


 

 英語が何よりも苦手な私にとって、一番の難関ですね。水よりも香辛料よりも、英語が天敵sadはあ~・・・困った困った。中国と違って、現地の方は日本語を話せる人が少ないはずなので、必然的にコミュニケーションは英語です。ま、頑張るしかないのですが、聞き取れないのが辛い・・・。あ~年末年始は英語特訓だな・・・。うぅうぅ。




 中国出張の時は、飛行機airplaneからホテルhotelから何から、同行して下さる方が全て手配して下さったので、私は何もせずに、身一つで出張出来た訳ですが、今回はそうはいきません。タクシーcarに飛行機airplane、ホテルhotelは勿論、そもそも、ビザの発注から、自分で手配しなければなりません。それも、インドの現地法人に英語でお願いして・・・wobbly





 そんな訳で、現地とコンタクトを取らなければならず、遂に、英語でメールmailを打ちましたcoldsweats02ひぃいぃいぃいぃ~・・・shock




 先輩が残してくれた、昨年のメールがあったので、かなり助けられました。というか、ほぼそのまま文面をコピーした上に、2つ3つ、自分なりに考えて付け加えた文章を何回読み返したことか・・・sweat02英語が素晴らしく出来る主任に添削までしてもらってから、ようやく、送信ボタンを押しました。送信ボタンを押すのが怖かった・・・wobbly




 今年の1~3月に掛けて、英語の研修pencilに参加していて本当に良かったです。その時、英語メールの演習もあったので、少しは免疫があったんですよcoldsweats01でも、まさか、実ビジネスで英語メールを扱う日が、自分に訪れるとは思ってもみなかったけれどsweat02



 やっとの思いで、英語メールmailを打ち終わった後、「これで、返信が来るまで、暫くは大丈夫・・・ふふふcatface」と安堵していたら、早速、先方から返信が来てしまいました!!!!返信はやっwobbly




 でも、返信メールを読んでみると、どうやら、自分のお願いしたことは伝わったらしく、対応してくれるとのこと・・・。あ~・・・良かった。通じて良かった・・・。ホントに良かった。こんな風に、インドに出張するまで、ドキドキしながらメール出すんだろうなあ。頑張らないとなあ。




 そんな訳で、年明けの渡印に向けて、苦手な英語と格闘しつつ、準備を進めています。こんな超ドメスティックな私でも、渡印することがある訳です。本当にグローバル化が進んでいるなあと、身を以って体感しています。




 余談ですが、課長に、「せっかくインドに行くので、年休付けて、フラフラ周ってきて良いですかheart01??」と半分冗談(半分本気)で聞いたら、「ダメ」と即却下されてしまいました・・・玉砕。残念過ぎる・・・。まあ、それはそれで、インドは色々あると聞くけれど、せっかく行くのだから、恩師が楽しそうに語ったインドを、私も楽しみたいと思っています。

|

« 彼女の応援 | Main | 「中原の虹」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 彼女の応援 | Main | 「中原の虹」 »