« 初☆海外出張 | Main | おにぎり生活 »

October 31, 2010

帰国報告

 「台風typhoon接近中で、30日に関東を通過」とのニュースを北京で見て、一時は飛行機が飛ばないかも・・・と思いましたが、昨日、無事に羽田に到着しましたairplane即ち、初の海外出張も無事に終わったと言う訳で、今は色々と整理しています。



 今回は旅行ではなく、飽くまで業務出張である為、詳しくは書けませんが、現地を見て初めて知ったこと、学んだことが多くありました。「百聞は一見に如かず」とは、正にその通りで、「自分の目で見る」というのは如何に大事なことか、痛感しました。



 北京・上海共に、非常にインターナショナルな都市でした。インフラも整っているし、治安も良かった。朝、1人で散歩していた程です。確かに、そこここで、発展中のところもあったけれど、日本の銀座や表参道と比較しても、全く劣らない繁華街もありました。スタバ・マック・ケンタッキー・日系のコンビニ・吉野家・ハーゲンダッツなどなど、誰もが知っているお店もあり、気軽に入れました。



 通貨は元。1元=約14円で、物価は安いです。ラーメン一杯10元(140円)、タクシー初乗り運賃10元~12元(140~170円)、コンビニで売っている様な簡単なお菓子は5元(70円)など、非常にリーズナブルでした。



 日本製品は人気があるらしく、輸入スーパーマーケットの様なお店(成城石井・QUEENS’ISETANの様なイメージ)もあり、そこでは日本製品がかなり売られていました。お菓子・食糧に始まり、ツムラの日本の名湯シリーズ(入浴剤)まで、あらゆるジャンルが売られていて、逆に何か笑ってしまった。パッケージも、中国語表記の商品もありましたが、日本語そのままのものもありました。向こうでは、おでんも人気らしく、おでんとお寿司が両隣で売られていました。



 食糧問題については、何やらニュースがあったみたいですが、とりあえず、ご飯はとても美味しかったですよrestaurantやはり、同じアジアなので、味覚が近いのでしょう。ヨーロッパより、アジアの方が、ご飯は美味しいと毎回思います(※今回の出張では、安全面を重視して、基本的に屋台は利用していません)。



 交通事情について、簡単に書いておくと、道路は、片道4~5車線が普通。両側含めると10車線以上にもなり、非常に交通量が多いです。信号も「参考程度」であって、人・車ともに遵守する精神はないので、道路を渡る時には十分な注意が必要です。現地の人と同じタイミングで渡ることと、堂々と渡ることをオススメします。下手に慌てると、平気で突っ込んで来る車に負けます(日本みたいに、歩行者優先という概念はありません)。電車は、北京市内で乗ったのですが、何処まで乗っても2元(約30円)でした。ホームも新しく、ホームゲートまで整備されていました。ちなみに、10号線まで走っていて、路線図にすると、東京の地下鉄とあまり変わらないレベルだと思います。




 さて、ここまでがベーシックな現地情報です。どうでしょう?少しは上海・北京のイメージが変わったでしょうか?業務で訪問した先は書けないので、次は、定時時間外に自費で行ったところを少しご紹介したいと思います。

 【上海】

 定時後、夜に、外灘(Wai Tan、英語名:Bund(バンド))地区へ行って来ました。写真では、見たことある人が多いと思いますが、上海屈指の経済発展地区、観光エリアです。元々、租界として、各国が進出してきた為、西洋式の建築が残っています。昔ながらの西洋建築群と、川を挟んで対岸には、高層ビルが立ち並んでいて、流れてきた歴史を感じました。夜に行ったので、ライトアップされており、凄く綺麗でした。観光客が非常に多かったのですが、日本語はあまり聞こえませんでした。

 

Pa281616
 Pa281622


  

 【北京】
 30日土曜日夜に帰国する予定だったので、午前中丸々使って、出張者全員で地壇公園・天壇公園・故宮へ行って来ました。業務出張で、一生で一度は行ってみたかった故宮へ行けるなんて、美味し過ぎる・・・。いや~世界史好きには堪らない時間でしたlovelyあらゆる所で、習った皇帝たちの名前が沢山出てくる・・・面白い。1人でずっと、ワクワクしていました。そうか・・・ここで、歴代の皇帝たちは過ごしていたんだ、中国の歴史はここで動いていたんだ、と思うと、実に感慨深い。そして、公園・故宮のあまりの広さに圧倒されました。高い建物は一切なく、贅沢な程、悠々と広がる空間。空間をこれ程までに上手に使った都は、他に類を見ないと思う。幾ら真似したと言っても、京都とはやはり違う。ヴェルサイユも広大だったけれど、それとも違う。広さ・荘厳さは、比べ物にならない。何重にも何重にも巡る塀。上には無限に広がる空しかない、開けた広場。中国という底知れない広さを感じました。ここで育まれた歴史、価値観。揺るがない中国という強大な存在感は、数千年前から、変わらないのだと思いました。


 ・・・と、かなり圧倒されましたが、観光客が多過ぎるのと、時間に余裕がなかったので、実は、あまりじっくり見ることが出来ませんでした。故宮は、個別の博物館など、もっともっと見たかったのですが、故宮内を通過しただけで一杯一杯でしたsadその場で佇んで、思う存分歴史を感じられなかったのは残念でしたが、それでも、行くことが出来て、本当に良かったです。

 

Pa301749
Pa301802
 Pa301804

Pa301813

 

 写真を見て分かる通り、天気は非常に良かったです。4日間、一回も雨に降られませんでした。気温も、上海は寒かったのですが、北京では暑かったです。出張に行く前、北京の最低気温が2℃と聞いていたので、こんなに綺麗に晴れてラッキーでした。雲一つない、青空の下の故宮は、とても美しかったです。




 

 4日間、現地含めて、色々な人に助けてもらって、充実した出張になりました。今回、得られた情報を元に、有効な施策を立案していきたいと思います。明日から、まずは、出張中に溜まった仕事を片付けて、且つ、11月~12月の会議6本シリーズに向けて、気持ち新たに頑張りたいと思います。

|

« 初☆海外出張 | Main | おにぎり生活 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初☆海外出張 | Main | おにぎり生活 »