« 裁判当日 | Main | 残留報告 »

December 22, 2009

連日の厚顔無恥

 裁判当日の忘年会に飽き足らず、翌日の今日は、学生向け採用セミナーなるものに、人事総務職種の先輩社員として出席してきました。要するに、弊社に興味がある学生に、弊社の企業理念や意義を、社員が自分の業務を紹介しながら説明して、学生に体感・共感して頂くという、非常に前向きなお仕事です。・・・それにしても、ワタシ、本当に厚顔無恥ですね。自分で自分が恐ろしい笑。一体、どの口で学生に話すんだ・・・と、自分で自分に突っ込みを入れずには居られない爆。いや、裁判翌日に、よく課長が行かせてくれました。そこが一番凄いかもしれない。





  

 で、困ったことに、私は人前で話すのが大好きでして笑。単純に目立ちたがりなので、全然苦じゃないのですよね。お蔭で、今日は一日、楽しかったです。多分、給与担当とかより、採用担当の方が適性があると思う。これ、我ながら自信があります笑。あ~採用担当になりたい⇒結構本気で笑。






 

 そんな今日は、色々考えさせられました。

 弊社の理念を、学生と一緒に改めて考えてみると、自分が思い描いている理想の社会は、その理念の先にあるのだと感じました。学生時代に感じていたことは、やはり間違っていなかった。


 

 また、学生に、「何故、この会社を選んだのですか?」と志望動機を訊かれて、初心を思い出しました。誰にも負けない自分の理想があったはずなのに、日々の業務に忙殺されて、どうすればもっと楽に生きられるかと、いつの間にか、逃げ出す毎日になっていました。そう、「微温湯」を探し求める人間に成り下がっていたのです。

 


 「何故、この会社を選んだか」

 


 あの年も、約2カ月悩んで悩んで、悩み続けて結論を出したけれど、今の自分は、何をしていたんだろうか。学生に自分の志望動機を語りながら、裁判当日、「何がしたかったのか」と主任に訊かれた問いの答えに、ようやく探り当たった様な気がしていました。




 
 

 決断するきっかけは、何時だってシンプルで、何時だって突然だったりするものです。自分の心が自然と据わる時。多分、その時はもう近い。

|

« 裁判当日 | Main | 残留報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 裁判当日 | Main | 残留報告 »