« 歴史は変わる | Main | 4月の陽射し »

April 04, 2009

社会人3年目

 今週も毎日終電で帰宅する中、気が付けば、早くも社会人3年目を迎えておりました!2年前には、「毎日終電」という現実なんて、全く想像もしていませんでした笑。






 職種柄、4・5月は新人を相手にした仕事をしていますが、彼らを見ると、自分も1つ年を重ねたんだなと感じます。そして、ついつい、彼女たちに対して社内用語を話してしまう自分がいて、「染まった」ことも実感します。入社したての頃は、意味不明だった社内用語を、当たり前の様に使うのだから、何だかんだ言っても、会社人を2年やっていたんだと思います。





 そして、今年は教育だけではなくて、ほんの一部分ではありますが、採用活動も手伝わせてもらっています。本格的なことは全くしないのですが、一部のお手伝いではあっても、採用→教育という仕事の流れが体験できることは、自分の幅が広がるので、有難いことだと思っています。自分が絡んだ採用の結果で、来年、自分が教育を担当するのだと思うと、それは何だか興味深いです。






 

 さて、本務に戻ると、「09年新人受入」という訳で、来週が一番の山場です。これまでずっと終電でしたが、それは、来週の準備の為。飽くまで、本番は来週なのです!!約1ヶ月間終電続きという超高原状態(先月の労働時間は、ついに100時間を超えました爆。)を抜け、更なる頂上がまだ控えている・・・という状況は、自分自身でも凄いと思います爆。終電を頂上に向かうケーブルカーに乗り換えてガンバリマス。






 入社1年目の頃、1つ上の先輩が、大きく見えました。2つ上の先輩に至っては、もっと大きく、自分なんて遠く及ばない・・・と感じたものです。2年後に、自分も先輩の様になれるとは到底思えませんでした。でも、そんな私も3年目・・・あの頃の先輩と同じ年次となりました。今年の新人からは、私はどんな風に映るのだろう。自分を大きく見せようとは思わないけれど、「3年目」としての責任と自覚を持って、今年度も頑張ろうと思います。




|

« 歴史は変わる | Main | 4月の陽射し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 歴史は変わる | Main | 4月の陽射し »