« 日本最南端到達 | Main | 慣れる »

March 01, 2008

タイミング


 本日、無事に九州より帰京致しましたairplane
 久し振りの自分のhouse・・・やっぱり、居心地が違いますね。落ち着きます。帰る家があるというのも、有難いことなんですね。






 九州にいる間の1ヶ月間、毎日が充実していました。総務とは違って、営業ならではの大変さや辛さもありましたが、とても良い勉強になりました。また、実習先の方々がとても親切で、足手まといの自分に対しても、一つ一つ丁寧に教えて下さいました。そのお蔭で、中身のある実習になったと思っています。営業ならではの大変さの一方で、営業ならではの楽しさや醍醐味も感じました。やっぱり、「営業」というだけあって、社会に対しては、会社の「代表」な訳です。その責任と重圧も感じるけれど、役目を果たした時の嬉しさや達成感は、他の部署では味わえないものだと思いました。営業は、数字が常に付いて回る厳しい職種だと思うけれど、仕事の遣り甲斐は随一だと思います。たった1ヶ月だけであっても、実習に行って良かったと思っています。








 さて。

 九州に滞在していた間のことを、少しずつUPしていこうと思います。写真も沢山撮ったので、可能な範囲で紹介しようと思っていますcamera九州、ホントに良い所でしたよ。







 九州では、景色も良かったし、食べ物も飲み物も満喫させて頂きました。あちこちフラフラ出来たし、贅沢な1ヶ月間だったと思います。






 ・・・そのせいでしょうか・・・遊び過ぎた罰でも当たったのかもしれません。








 九州で、要らないものまで体得してきてしまいました。









 ・・・何と・・・









 実習の最終週に・・・









 人生初の
 インフルエンザに掛かってしまいました爆bomb









 いや~これは体験しなくても良いのに・・・という感じなのですが・・・。しかも、よりによって最終週・・・。





 発症したと思われるのは、25日(月)に鹿児島で仕事していた時のことです。午前中まで元気そのものだったのに、午後になって、急に酷い悪寒に襲われたんです。熱も、38℃まで出ました。プラス、謎の関節痛。肩や膝の付け根などの節々が痛むんです。でもね、この時はインフルエンザをちっとも疑ってませんでした。関節が痛いのは、土曜日に高千穂峰に無謀なチャレンジをした結果の筋肉痛だと思っていて、実際に、本当の筋肉痛と区別が付かなかったんです。本来であれば、この時点で少し疑ってみるべきでした。





 翌日、26日は、少し倦怠感がある位で、そんなに体調は酷くありませんでした。前日の酷い悪寒も熱も全く無かったし、関節痛も無かった。治ったと思ったんですよねえ。




 27日(水)は、一転して酷いクシャミと鼻水。一日中ず~っと止まりませんでした。そんな状態でも、私の場合、時々似た様なことがあるので、「いつもの鼻炎」だと思い込んでいました。「今日は酷いな~」と思う位で、インフルエンザだなんて、言葉すら思い浮かびませんでした。





 27日の夜、寝ている時には酷い悪寒に襲われました。体温は測っていないので分かりませんが、恐らく、熱も出ていた気がします。28日(木)は、朝から調子が良くありませんでした。頭痛・鼻づまり・喉の痒みなどなど、所謂、「風邪」の症状が一通り出て来ました。それでも、インフルエンザだとは思わなかったんですよね~不思議と。




 28日の午後になっても、体調が良くならないし、寧ろ悪くなってる様な・・・。市販の風邪薬も飲んでいるのに、ちっとも効かないし・・・と、ここにきて、ようやく「インフルエンザ」の予感がしてきました。インフルエンザの症状を調べてみたら、自分の症状と尽く一致するし・・・。そこで、思い切って病院に行ってみることにしました。





 病院では、医師が「事前問診票」に書いた私の症状を読んだだけで、診察する前から、「これはインフルエンザだね~」と診断してくれました。ちゃんと検査もしてみたら、案の定、インフルエンザでした。その場でタミフルを飲みましたよ。どうりで、市販の風邪薬が全く効かない訳だ・・・インフルエンザとはねえ~・・・って、ええ!!インフルエンザ?!?!営業実習、明日で終わりなのに?!






 はい。人生で初めてのインフルエンザに、凄いタイミングで掛かってしまいました。28日の夜には、「送別会」を実習先の職場で開いて下さる予定だったのですが、勿論、それに出ることは出来ませんでした。実習最終日には、1人15分の実習成果発表があったのですが、それにも出席できませんでした。ちゃんと資料も作って、準備万端だったんですけど・・・。






 もうね。本当に情けなく思いましたweepよりによって、最後の最後にインフルエンザとは・・・。自分で自分のタイミングに驚きました。体調管理も、社会人として大事な仕事だと思うので、本番に向けて体調を調えられなかったことが情けないし、恥ずかしかったです。何より、職場の人に申し訳なかったです。自分の為に、色々と面倒見て下さったのに、恩を仇で返す結果となってしまって、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。あ~最低ですね。





 何時だって、自分は中途半端なんです。ちょっと、自己嫌悪に陥ってますdespairはあ~最後ぐらい、きちんと発表して、皆でお疲れ様を言い合いたかったなあ。残念です。ある意味、記憶にはセンセーショナルに残るでしょうけどねえ。






 



 何とも、歯切れの悪い営業実習になってしまいましたが、一応、終わりました。ちなみに、体調は大分良くなりました。初期段階で病院に行っておけば、違った展開になったのかもしれません。判断を誤ると、恐ろしいことになるということがよく分かりました。肝に良く銘じておきます。






 インフルエンザ、まだまだ流行っているみたいなので、皆様も気を付けて下さいね。風邪と似ていますが、風邪とは全く異なりますので、早めに病院に行くことをオススメ致します。






 インフルエンザを含めて、色んな体験をした1ヶ月でした。






|

« 日本最南端到達 | Main | 慣れる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本最南端到達 | Main | 慣れる »