« 慣れる | Main | 1年経っても »

March 04, 2008

自分のキャリア


 今日は、1年間に渡る新人教育の総まとめの研修に参加してきました。「全新入社員」が同時に集まるのは、恐らくこれが最後の機会なんです。全員集合する機会が、これから先には無いのかと思うと、ちょっと寂しかったですね。自分が教育担当だと知っている同期からは、「3年後や5年後に、全員が集う研修を企画してくれ」と頼まれました笑・・・が、そんな権限は私にはありませんbleah同じ事業部単位では会えるのだろうけど、地方支社や工場にいる同期とは会いにくくなるんだろうなあ。





 1年前、初めて集った時には、お互いに探る様な感じだったのですが、今ではすっかり打ち解けあって、大切な同期となりました。今日の研修中には、1年間の振り返りを行ったのですが、そこで出てくるのは皆の本音。これが、中々良かったです!

 思っていることを正直にざっくばらんに話して、理解し合えるのは、職場の上長でもなく、先輩でもなく、やっぱり同期なんだなと改めて思いました。「本当のこと」を言い合えるのは良かった。たった1年間であっても、職場に配属されて、業務を担当するようになって、それなりに思うところがあるらしく、話は尽きませんでした。仕事や自分の将来に対して、不安や不満を抱いているのは、自分だけではないことがよ~く分かりましたsign01皆、色々と思っているんだなあ・・・ある意味、自分だけじゃないんだと安心しました笑。まあ、中には満足している人もいましたけどね。人それぞれなんですね。






 最近、営業実習にも参加して、自分がやりたかったことと仕事に対して、何処と無く悶々としたいたものを抱えていました。でも、自分自身、どこからその気持ちや疑問が湧いてくるのか分からなかったんです。何に対して不満なのか、何に対して不安なのか、何がやりたいのか、自分は何を求めているのか・・・。自分で自分が分からない・・・みたいな感じです。






 でも、今日の教育で「キャリア教育」を受けたのですが、そこで疑問がすっきりと解消しました☆そうだったのかflairという新鮮な閃きでした。本当は、詳しく書きたいのですが、何処まで書いて良いのか怖いので、詳細は割愛させて頂きます・・・(情報漏洩、ホントに厳しいんです。)どうか、ご理解頂き、ご容赦下さい。


 ただ、よく分かったのは、今の仕事は、「5年・10年と続けたい仕事ではない」ということです。長い目で見たキャリア設計から考えれば、「大卒新人での民間就職」という選択は、決して間違いではなかったと思っているけど、自分のゴールには到底なり得ないことがはっきりしました。お蔭で、かなりすっきりしました。気持ちの整理が付いたからです。






 今、自分の気持ちは、元々興味・関心がある分野に戻ってきています。何だかんだ言って、反発してきた部分もあったのですが、高校時代に友人達が言っていたことは確かだったみたいですね。ようやく、自分でも認められる様になってきました笑catfaceそれを考えると、大学受験の時の学部選びは、やっぱり間違ってなかったと思ってます。あの当時、確か教育学部を受けると言ったら、かなり親と揉めたのですよ。「法学部や政治経済学部じゃないと・・・」「医学部は?」みたいな感じで。ま~随分懐かしい話です。







 そう、自分の本来の興味・関心がある分野に気付いてしまった。そんな自分を、もう誤魔化せない気がしています。いや、誤魔化せないな~・・・悩むのは、現在の仕事からの現実逃避ではないか、ということ。現実が嫌過ぎて、そう思うんじゃないかという危惧はあります。もう少し、自分と対話が必要ですね。慎重にならないとね。






 そんなキャリア教育を受けた後、夜は高校時代の友人と久々に会っていましたbeer自分の考えていることを言って、ちゃんと聞いて理解してくれるのは、彼女しかいない!と思っていたから、会えて本当に良かったです。彼女に会って話すこと、自分にとっては凄く大事なことなんです。自分でも半分怪しいと思っていることでも、彼女に会って話すと、不思議と確信めいてくるというか、自信が持てるんですよね。大丈夫と思えるんです。それは、きっと彼女が共感して、ちゃんと受け応えしてくれるからだと思ってます。いつもいつも、ありがとうね!近いうちに、お邪魔するから☆







 働き始めて、もうすぐ1年。色々あったけれど、1年前よりは大きくなった気がしています。まだまだ始まったばかりの仕事人生。「悩む」ことが出来るのも、自分が人生をちゃんと送っているからだと思って、精一杯悩もうと思います。自分の人生だからこそ、彩り豊かになる様にしたいと思います。生き方は、1通りじゃないですもんね。

 



|

« 慣れる | Main | 1年経っても »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 慣れる | Main | 1年経っても »