« 連日 | Main | 沙高樓綺譚 »

July 20, 2007

1年以上前の握手

 今週は、結局、4日連続で残業をしてしまいました。当初の予定では、そんなつもりは全くなかったんですけど、気が付いたら時間がかなり経っていました。家に着いたのは、日付が変わる数十分前とかだった日もあります。そんなに仕事に時間が掛かってしまうのは、自分の要領が悪いからなんですけど、正直、疲れましたね。でも、家に着いたらご飯はあるし、お風呂も沸いている。実家暮らしであることが、今まで以上に有難いと感じました。私は、恵まれた環境にいるんですね。家事を全部担ってくれている母には、心からの感謝をしなければ!

 木曜日のこと。とある会議に出席する為に、朝から本社がある地区へ出張したんです。会議終了後、その地区の総務にご挨拶に伺ったんですが、そこの部長さんに声を掛けられました。

 「あすにーさん。僕は、あなたの面接官だったんだけど、覚えてる?」

 ・・・一瞬、固まってしまいましたね。頑張って思い出そうとしても、1年以上前の記憶は曖昧で、言葉に詰まってしまいました。

 「失礼ですが、何回目の面接でしたでしょうか??」

 と、恐る恐る訊いてみました。

 「ああ。最終面接だったかな。」

 ・・・その言葉で、何となく思い出しました。確かに、話していたかもしれません!優しい感じの眼差しで、眼鏡を掛けていた事まで思い出しました。

 「僕が最終面接で握手をした(握手をする=その場で内定を出すこと)のは、3人で、その内の1人があすにーさんなんだよ」

 と、非常に光栄な言葉を頂いてしまいました。その場では、恐縮しきりだったんですが、よくよくその言葉を後から思い出してみれば、凄く嬉しいものでした。就職活動期には、沢山の学生を相手にしていらっしゃる中で、自分をちゃんと認識して覚えていて下さっていたのだから!自分を「学生」としてではなくて、1人の人間として見て下さったんだなと思って、嬉しかったです。もしくは、自分が恐ろしく変なことを言ってしまったかのどちらかだと思うのですが・・・後者でないことを祈りたいです笑。

 最終面接官であった部長さんとは、これからも総務としてお世話になると思うので、採用して下さった時の期待に恥じない様に頑張ろうと思います。これも、何かの「縁」なのだろうなあと感じました。

 さて。ようやく迎えられた土日です。今週は、いつにも増して疲れました。ゆっくり休もうと思います。

 

|

« 連日 | Main | 沙高樓綺譚 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 連日 | Main | 沙高樓綺譚 »