August 13, 2017

今年の夏休み

 11日から、夏休みを頂戴しています。一応、20日までの10連休です。と言っても、今年は例の研修があるので、ほぼ出掛けずに、ただの「積読」状態になっている本の山を片付けるべく、読書に勤しむ予定です。調子に乗って、Amazon先生で買ってしまった本が10冊以上もあるのですが、今読まないでいつ読むの・・・という状態になっています汗。マズイマズイ。


 とはいえ、ずっと読書するのも限界なので、少しは出掛けてみました。夏休み初日だった11日は、また会社の人に誘われて、横浜スタジアムへ野球を観に行ってきました。試合は、阪神に完敗で、ちっとも面白くなかったのですが、手作りオードブルに持参ワインなどが用意されており、完璧な素晴らしい女子会で、充分に楽しかったです。小雨だったので少し濡れたけれど、蒸し暑くなく、夜風が気持ち良い晩でした。



 
 12日は、ダラダラする日と決めていたので、朝からダラダラしていました笑。Amazon先生で昔観た映画を観ていたのですが、ストーリーを忘れているから単に新鮮ということもあったけれど、アメリカにいた経験もあって、今見るとまた違った面白さがありました。




 13日は、午前10時から正午まで空手の自主練を8人くらいでして、そのまま昼ご飯を皆で食べていたら、15時位になっていました。今日はそれで終わり。放っておくとダラダラしてしまうから、私の様なズボラなタイプは、ムリに予定を入れないとダメですね。お蔭で、今日は一日がとっても長い笑。充実した過ごし方をした気がする。



 明日は、大学の友人と会ってから、実家に帰ることにします。ん?いつ読書するのかって?そりゃ勿論、14日から20日に掛けてですよ。会社のパソコンと、大量に買った本を実家に持ち帰って、読み漁ることにします。




 研修にエントリしてから、どんなテーマにするべきか全然分からず、決められなくて、ずっとモヤモヤしたまま2ヶ月近く悩んでいたのですが、職場にヒアリングさせて頂く中で、最近ようやく、ヒントを得られました。まだまだ尻尾をチラッと見掛けた程度で、全然自分のモノに出来ていないのですが、第三者に「良い方向なんじゃない」と言って頂ける機会があったので、少しだけホッとしました。9月末のテーマ登録までは、問題意識の深堀期間だと思っているので、しっかり読書して、土台を作りこみたいと思います。

| | Comments (0)

July 30, 2017

プレイモービル

 「レゴ」が好き、という方や、「幼い頃に遊んだ」という方は多いと思うのですが、私は、レゴで遊んだことがありません。何故、と問われても分からないのですが、私の家にはレゴがなかったし、自分も「欲しい」と言った記憶はないです。強いて言うなら、従兄弟の家にあった様な、なかった様な・・・という記憶の断片が僅かに残っています。



 突然何を言い出すか、と言うと、今、少しハマり掛けているものがありまして、それが「レゴ」ではなく、「プレイモービル」という、一見レゴに似ている「おもちゃ」です。見かけは、何となく、両方似ていますが、本質は異なります。レゴは、それ自体がブロックであって、自由な発想で組み立てて遊ぶのだと思いますが、このプレイモービルはある種「フィギュア」なので、自分で組み立てた後は、そのフィギュアを使って遊ぶという、遊び方に違いがあります。
 


 偶々、プレイモービルというものを知って、どんな種類があるのだろうと思って色々と調べていたら、何と、今年は1517年の宗教改革から丁度500年であり、それを記念して、数年前からマルティン・ルターのプレイモービルが発売されていることを知りました。まずはそれに、すっかり一目惚れをしてしまいました。それが、下の写真です。


9325

 超可愛い!


 そして、歴史好きとしてはたまらない。何しろ、宗教改革から500年!こんな貴重な年号、滅多に出会えません。次の600年記念なんて、まず生きてないし、今このタイミングでしか手に入らない!


 これは、何としても手に入れたい・・・。ググってみると、レゴと違って、プレイモービルは日本では販売されておらず、輸入業者さんに頼るしかないとのこと。おお、何たること!

 
 よし、Amazon先生に訊いてみよう。何でも売ってるAmazon先生なら、プレイモービルも売っているに違いない!


 早速質問。


 「せんせーい。マルティン・ルターは売ってますか?」

 
 「売ってますよ。最低価格4,500円からね。最高価格は15,000円というものもあります」
 ・・・
 ・・・

 ・・・え、そんなに高いの?!


 これは驚き。違うサイトを探すか・・・。



 ということで、あちこち探して、結局、ヤフオクで買いました。どうしても欲しかったので、満足してます。


 
 でも、ルターを探す過程で、違うプレイモービルを色々と見ました。子ども向けのものまで欲しいとは思わないのですが、私が欲しくなるのは、要は歴史絡みのプレイモービルです。で、色々見付けた中で、「これは欲しいな」と思うものを2つ見付けてしまったんですよね。



 それは、レンブラントの「夜警」と、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」をモチーフにしたものです。



5090_2

5067_2

 ほら、どーですか!超可愛いですよね。


 皆さんも、一度はこの名画を見たことがあるのではないでしょうか。

 
 今はまだ我慢できているのですが、この2つも欲しいな・・・と、見た瞬間からずっと思い続けています。いやー、だって、可愛いですよ。これは良い!!まだ、3,000円台と、買えないこともないし・・・と、結構揺れています笑。




 この様なおもちゃ系には、欲を出し始めるときりがなくなるのですが、本当は、他にも、古代ローマ軍や、ケルトの戦士、クレオパトラとシーザーなど、歴史シリーズも結構あって、心惹かれています。でも、そんなに置き場所ないしなあ・・・と、現実的なところで踏み止まっています笑。あと、下の写真のゲーテも超欲しいなあと思ったのですが、なんとAmazon先生でのお値段が9,000円!いやー流石に買えない・・・と、我慢しています・・・。


81zhsc395wl_sl1500_


 ということで、今、個人的にハマっているプレイモービルですが、欧米では、とても人気のあるおもちゃだそうです。実際、Amazonのアメリカ版サイトで個人輸入できないかなあと思って、今回調べてみたりしだのですが、私が欲しいと思った3種類とも普通の価格で売られていました。でも、「日本への輸出はしていません」と言われたので、個人輸入は諦めました。もっと早く知っていたら、アメリカにいた時に絶対迷わず買ったのに・・・と、かなり悔しかったです笑。


 こういうセンスのあるおもちゃが大好きです。1つか2つ、追加して手に入れるのも、時間の問題かもしれないなあ笑。

| | Comments (0)

July 24, 2017

カナリア

 東京ドームのライブで「カナリア」を初めて聴いた時、あまりの素晴らしさにゾゾっと鳥肌が立ったのを、今でも覚えています。

 

 曲の持つ世界観、曲調、メロディー、ギターの音色、どれを取っても最高に好きで、何度でもリピートして聞けてしまうほど。今までも、ゆずの曲は好きなものが沢山あったけれど、このカナリアは、私の中ではダントツで好きな曲になりました。多分、この先も好きでい続けると思う。


 是非、皆さんも聞いて欲しいなと思うのですが、興味がある方はYouTubeでフルバージョンのミュージックビデオが見れますので、こちらへアクセスしてみて下さい。屋久島で撮影されたという映像も美しいです。



 そして、このカナリアを含めたEP盤「謳おう」に収められている4曲が、私はどれも好きです。6月に発売になった後、この1枚だけを、ひたすらリピートしたりしていました。4曲とも全然違うのに、どれも好きです。1曲だけというのではなくて、この4曲で成り立つ時間が心地良い。音が流れる時間が、色々と自分を柵から解放してくれる気がする。岩ちゃんの「保土ヶ谷バイパス」なんて、もう言葉に表せない程に良い。こんな曲に出会えて良かった。



 ゆずには中学生の時から、時に慰めてもらい、時に励ましてもらい続けて、もう20年です。この先も、彼らの音楽が、きっと傍にいてくれるんだろうな、と思います。


| | Comments (0)

July 23, 2017

何やってるんだろうな

 海の日の3連休は、1泊2日の空手合宿に行って来ました。

 大きな体育館、レトロな二段ベッドのある部屋など、まるで学生時代の様な時間を過ごし、楽しかったです。学生時代と違うのは、稽古中に休憩が多めにあることです笑。社会人ともなれば、休み休みしながらでないと、気温30度の体育館での稽古は、すぐにバテてしまいますから。。。そう考えると、朝練、朝食、午前練、昼食、午後練、夕食、夜自主練と、ただひたすら稽古し続けていた学生時代は凄かったな、と思います。よくあんなに体力があったなあ・・・苦笑。


 去年の合宿は事情により日帰りをしたのですが、その時は短い稽古だったにもかかわらず、太ももが筋肉痛でした・・・。今年は、手を抜いてはいないのですが、思ったより筋肉痛が酷くならず、太ももと上腕には心地良い張りを感じました。ただ、最終日の最後のコマで、久し振りに、きちんと形を打ったら、堅い床での稽古により出来ていた足裏のマメを潰して皮が剥けてしまいました。いやー皮が剥けるなんていうのも、学生時代振りです。色々懐かしい合宿でした。あの頃に戻りたいなあ・・・なんて、少しノスタルジックな気分になりました。あの頃はあの頃で悩みも多かったけれど、まだ平和だった気がする。


 連休明けから2日間は研修を受けてあっという間に時間が過ぎていき、金曜夜はゼミの後輩のOG訪問を受けていました。今年は、ゼミの後輩から2人も訪問して頂き、とても嬉しかったです。これまでは、就活初期のOG訪問を受けることが多かったのですが、そうすると、学生さんもまだ企業研究が深まってなく、福利厚生等の表面的な質問がどうしても多くなります。でも、就活真っ只中のこの時期に受けるのは初めてだったのですが、随分と会社のことをしっかり調べ上げてあって驚きました。事前に質問を頂いてはいましたが、答えるのが難しい質問も多くありました。「外から見る自分の会社」、というのは「こういう風に見えている」というのを改めて感じられて、こちらの方が勉強になりました。就活も人生で悩むイベントではありますが、まだまだ未来がある学生を前にして、ホント、自分は何をやってるんだろう・・・と思ったりしました。かなり情けない。



 次に、土曜はひたすら休み、日曜は人事部門配属の女子同期たちとランチしてきました。入社後10年が経ち、気付けば男女問わず同期自体も段々減っている中、同じ人事部門の女子同期は大変貴重な仲間です。普段言えないことを沢山話して大いに盛り上がり、お店を2軒はしごして、あっという間に4時間くらい経っていました。同期ってやっぱり貴重だなと思いましたね。凄く楽しかった。約4年振りに会う彼女たちは、いつの間にか1児または2児の母にもなっており、育児と仕事を両立しながら働いている彼女たちの話を聞き、本当に凄いことだなと尊敬しました。一方で、ホント、自分は何をやってるんだろう・・・と、決して言い表せないけれど、密かに情けなく思ったりしていました。一体、何やってるんだろうな。


 懐かしさ、楽しさと、情けなさを感じながら、今年の7月はどうやら終わりそうです。

 

| | Comments (0)

June 25, 2017

遂に自分も研修を

 1年で一番平和な時期を満喫してたら、気が付けばもう6月も終わりに近付いていました。ブログを更新しないまま1ヵ月過ぎようとは、怠惰に過ごしているはずなのに、時間が過ぎるのは早いものです。いや、怠惰に過ごしているから、自分は成長しないままに時間だけが早く過ぎていくのか。


 そんな平和な時期も、早く帰ったり、誘われて飲みに行ったりしていたらそろそろ終わりで、10月人事に向けて、また慌ただしい日々が始まります。これはこれで、一生懸命頑張らねば…。


 

 そして、今年は通常業務とは別のミッションを上司より推薦されまして、とある研修を受けることになりました。「4月に主任任用するぞ」という上司の話には、実は続きがありまして、「その上で、この研修を受けて欲しいと思っている」と、必ずセットで言われていたのでした。


 

 ところが、これがまた、えらくハードな研修なのです。入社2年目終わりに行う業務発表も非常にしんどいですが、これはもっと高い専門性とレベルを求められます。歴代の先輩方が、毎年必死に取り組んでいる姿を入社以来ずっと見てきた訳ですが、その成果物の高さに毎年圧倒されて来ました。その分、影の苦労は半端ないのですが、先へ進んでいくためには、必ず通過して進んでいく必要がある、この会社独特の通過儀礼の様なものです。


 そんな先輩方の姿と成果物を見てきて、「こんなの、絶対自分には出来ない」と思っているので、「自ら進んでやりたいか?」と問われれば、正直に言えば、それは出来ることならお断りしたい汗。いや、本当にしんどいからです。楽して生きていきたい私からすれば、避けられるなら避けたいというのが本音であり人情というものでしょう。しかし、この先、より高いレベルへ自己成長したいという想いも一方でありまして、「やりたくないけどやるしかない」という、何とも複雑な葛藤の末、頑張ることにしました。


 「主任任用するぞ」というのと同じくらい、「この研修を受けてもらいたい」という上司の話を、私は「御冗談を」と言ってずっとかわしてきたのですが、そう思っていたのは、どうやら私だけだった様です。上司は、私自身よりも、遥かに真剣に、私のキャリアを想って考えていたのでした。・・・本当に、良い上司に恵まれたと思います。


 この研修は、自分ひとりでは到底できず、色々な人に指導や助言を仰いだり、インタビューを行ったり、考察を深めなければなりません。足掛け約8か月にも渡る研修で、ゴールは来年2月の本社発表です。思い悩む時、苦しむ時が、今後長く続くし、通常業務を抱えながら取り組む苦しみがあります。そんな時、信頼して相談できる上司が、今の上司である間に、この研修を受けたい。この上司の指導を受けたい。この想いが、研修を受けようと決断した最大の理由です。それだけ、きっと有意義な研修になると信じられるのです。これは、本当に幸せなことだなと思っています。



 通常業務と並行しながらの取り組みなので、周囲にも負担を掛けてしまうこともあるのですが、今から来年2月をめざして、せっかく参加するからには、一生懸命頑張ろうと思います。



 と、せっかく前向きになったところで、早速キックオフが近日あるのですが、どうやらいきなり経営基礎知識を問うテストがあるらしく、今から真っ青です。どうしよう・・・。思いっきりダントツの最下位になる自信しかなく、ただただ恐怖ですが、反面失うものはないし、やるしかないかなと思っています。



 そんな訳で、今年1年は、勉強漬けの1年です。沢山本も読まなければと決意して、早速3冊本を買いました。多読していかないと色々と間に合わないので、土日の怠惰なゴロゴロから脱して頑張ります。自分をいつまで律せるかが勝負だな・・・。

| | Comments (0)

May 29, 2017

便利と怠惰の狭間

 ようやく査定イベントも終わり、お仕事では、1年で一番平和な時期が来ました。6月末までの、短いながらも平和な時間を満喫したいと思います。


 さて、そんな平和な時間に何をしているかというと、元々がインドアな私は、平日早く帰った時や土日は、専ら自宅に引き籠ってのネットサーフィンや読書で過ごします。多忙な時はひたすら睡眠、平和な時でもネットか読書となると、いつでも自宅が大好き、ということは変わらないな、と最近気付きました笑。何よりいけないのは、このネット時代では、外に出掛けなくても、買い物が十分に出来てしまうことです。私は、以前から楽天よりAmazon派なのですが、Amazonプライム会員になってから、益々その拍車が掛かっている様な気がします汗。


 平日仕事しているからには、基本的に、余裕のある買い物をしている時間はなく、その点、宅配業者の皆さんには本当に申し訳ないと思いながらも、インターネットショッピングは本当に便利です。



 昔は、本やCDなどしか買っていませんでしたが、今はタイムセールになる食飲料類や日用品、雑貨類などもお手軽に買えてしまい、益々外に出なくても普通に生きていけてしまう・・・。いやはや、便利と怠惰の狭間で生きていますね。



 何より、テレビも要らないですね。元々、テレビはほとんど見ないタイプですが、インターネットでテレビ番組やら昔の映画やらドラマやらも見れてしまうので、更にテレビから離れてしまいました。アメリカ赴任時代に、意図せず、テレビがない生活をする羽目になってから、テレビがない環境にすっかり慣れてしまったこともあるのですが、インターネットが無いと生きて行けないけど、テレビはなくても、今は生きていける気がします。



 ダイニングでパソコンするのも姿勢が辛くなってくるので、IKEAで、KLIPSKというベッドトレイを買ったところ、これがまた快適で!今まで、ベッドに座りながら膝の上でパソコンをしていたのですが、これもまた姿勢が不自然だし、何よりパソコンの熱で膝が熱くなってくる・・・。で、作業しやすいように、お手頃なベッドトレイを探していたところ、IKEAで丁度良いものがあったので買ってみました。このKLIPSKというベッドトレイの素晴らしいところは、最初からタブレットやパソコンを使う様に企図されていることです。他の商品では、主な目的は飲食料を置くことなのかもしれませんが、ベッドの上で飲食をする目的が私にはないので、KLIPSKはシンプルでありながら丁度良いです。


 このベッドトレイを買ってから、パソコン作業するのが実に楽になりました。これで益々ベッドの上から動かなくなるという悪循環に、自ら追い込むという・・・笑。ホント、堕落した生き方していて、何してんだろうと思わなくもないけど、これも今だけかな。最近、久々に自転車を40分ほど漕いだら、空手の稽古をするよりも遥かに疲れ、太腿が怠くて仕方ありませんでした。空手より自転車がしんどい、とは酷い肉体状況だなと我ながら愕然としたので、土日は家でダラダラしながらも、稽古はきちんと通おうと思いました。

| | Comments (0)

May 20, 2017

球場をはしご

 普段の土日は、割とインドアな私は、「インドアだから」と尤もらしい理由をこねて、「家の中で過ごす」=「お金を掛けずに、ゆっくり寝て過ごす」のが大好きなのですが、20日は、これはもう最高に充実した一日を過ごしました笑。


 まず、14時からは、会社の人に誘われて、横浜スタジアムまで、横浜VS巨人の野球観戦に出掛けました。昨年から、その方は熱心な横浜ファンになって、すっかり野球観戦の魅力にハマり、既に今年は数試合観に行っているらしいのですが、昨年もその方に誘って頂き、2試合観に行く機会がありました。今は、横浜戦は結構な人気でチケット取り難いので、有難い限りです。


 20日は凄く良い天気で、横浜スタジアムに着いたら、まず買ってしまったのは、青星寮カレーとベイスターズエールという浜スタ限定のカレーとビールです。もはや、オジサンの組み合わせ・・・笑。青星寮カレーは、選手寮で出されているカレーだそうで、これは食べてみたいなと思っていたので、迷わずハーフサイズを買いました笑。ビールは、セットで売られていたので、炎天下だったこともあり、「飲まないなんてありえないな」と思って、こちらも迷わず買いました。カレーと同じ場所に置いてあったら買うでしょう。商売が上手い!


 カレーとビールを手に持って、席に向かったら、想像以上に良い席で驚きました。内野席の前の方に近いところで、選手が見れて、これは素晴らしい席に恵まれました。


 試合展開は、1回表からピンチを招き、これは厳しいかなという予想を裏切る1回裏の先制2ランから始まったのですが、すぐに2回表で4点を取り返されるという嫌な流れ・・・。それでも、中盤は点を与えずに何とか踏ん張り、5回裏で同点、6回裏には2点逆転するという熱い展開!逆転するという気持ちの良い展開まで見届けて、ベイスターズの勝利を信じ、試合途中でしたが、私は次の場所へ向かうため、横浜スタジアムを後にしました。



 次に向かったのは、何と東京ドーム!違う試合ではありません。ゆずのライブです!横浜から東京へ移動し、野球観戦とライブの2本立てだなんて、こんなことは初めてです。まあ、ゆずのライブがある日を翌週だと勘違いしてて、野球観戦に誘われた時に、二つ返事で行きます!って言ってしまったから、こんなスケジュールになったのですけどね汗。横浜繋がりってことで、これも良いかなと。


 ゆずライブは、昨年11月のライブ以来。前回は、アリーナのど真ん中前方で、素晴らしく良い席でしたが、今回は同じアリーナでも後方右奥で、やはり前回と比べると遠かったけれど、それでも音楽は相変わらず最高でした。20周年ということで、過去20年分の懐かしい映像も時折流れ、自分の20年も思わず振り返り、何だかジーンと来るものがありました。この20年は、誰のものでもない自分の20年であって、そして、周りの人に支えられての20年だったなと思い、また、いつもゆずの音楽が傍にいてくれたなと思うと、これからも彼らの音楽が傍にいてくれるのだろうなと思います。


 
 アンコールの1曲目が、今、NEWS ZEROのテーマ曲でもある新曲:カナリアだったのですが、これが素晴らしく良かったです。歌詞も良いですが、全体的な曲調が非常に好みでした。特に、岩ちゃんのギターテクニックがゾワゾワっとするほど格好良く、あんな風にギターを弾いてみたいと思えるほどの格好良さでした。



 久々に充実した土曜でした。1日に詰め込み過ぎたなあ笑。

| | Comments (0)

May 05, 2017

3代目へ

 GWに入る前に、何と約8年振りにパソコンを買い換えました!



 前回買い換えたのは、2008年11月でした。あれからもう8年経つとは・・・。当時のブログが残っていたので、久々に読み返してみました。気になる方は、こちらからどうぞ。この時の記録によれば、当時は当時で、大学から使っていたVAIOからDynaBookへ、約6年振りに買い換えた様子。この時も「6年使ったのか」というトーンで書いていますが、今回はそれを上回る8年振り・・・記録更新です。このまま行くと、次回買換は10年後だったりして。・・・我ながら、ありえそうな話で嫌だな・・・笑。




 でも、最初は買い換えるつもりなんて、とあるメールを読むまでは、本当に全く無かったのです。今のパソコンは、起動に凄く時間が掛かる様になって、反応も遅くなっていました。定期的なウィルスチェックがバックグランドで動いている時には、もうそれしか動かなくて、ネットには全く繋がらず・・・。それ故にパソコンを立ち上げるのが億劫になり、更にスマホが発達しているので、もうネットはスマホで十分だったりして、パソコンを全く立ち上げないまま過ごせる様になっていました。確かに、パフォーマンスは落ちていたけれど、まだまだちゃんと動くし、何か文章を書く時や真剣に何かを調べたい時には使えたし、DVDだってきちんと再生も出来たし・・・ということで、差し迫った買い換えの必要性を感じていなかったのですよね。



 しかし、3月下旬に、パソコンの利用者登録をしているため、東芝様から1通のメールが届きました。



 「今、お使いのWindows Vistaは、2017年4月11日でサポートが切れます。この機にパソコンを買い替えてみては如何でしょうか?・・・云々・・・」



 最初は、いつもよく来る、パソコン買換のプロモーションメールかなと思い、すぐ削除しようと思って気にも留めていなかったのですが、「Windows Vistaのサポート切れ」という単語で引っ掛かり、よくよくメールを読むと、「Microsoft から新しいセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の修正プログラム、無料または有料のサポート オプション、オンライン テクニカル コンテンツの更新が提供されなくなり・・・云々・・・」という文章に行きつき、このままスルーしてはいけない事態であることを、ようやく認識したのでした。
 


 OSを、Windows10へアップグレードすれば、今のパソコンもそのまま使えるのでしょうが、今のパソコンをもう8年も使っていることを踏まえて、思い切って新しいパソコンに買い換えることにしました。OSを替えても、多分、この8年の間に技術革新は目覚ましく、ハードもCPUもメモリも、多分全てが新しいOSに追い付かないと思ったのですよね。あと、その翌週に届いた、東芝様からの新しいプロモーションメールを読んで、OSの入替ではなく、パソコンの買替を決断しました。そのメールには、今回のタイミングでパソコンの買換を促進するべく、新旧DynaBookを比較することで、どんなに2017年モデルが新しくなったかをPRするWEBページが案内されていたのですが、それを見たら、比較対象となっている旧いパソコンは、なんと2012年モデル・・・汗。「今のパソコンを使って、もう5年以上経っていませんか?そのパソコンと今の2017年モデルのスペックを比べて下さい。こんなに違いますよ」と謳われていました・・・汗。2012年モデルですら、この扱い・・・。それより更に4年も前になる2008年モデルでは、もうお話にならないということかと思い、買替を決断しました。ちなみに、その東芝様のページがこちら。結構分かりやすいと思いました。


 あと、各メーカーが、VistaからWindows10への買換特需にあやかろうとしたり、丁度4月で新生活応援セールと銘打った値引きセールを繰り広げていたので、それに乗っかることにしたのでした笑。




 で、パソコンを買い替えようと思ったは良いけれど、次はどのパソコンを買うべきか、結構悩みました。前回は、VAIOからDynaBookへと移籍しましたが、そのままDynabookの新しいモデルを買うか、VIAOに戻るか。はたまた他のメーカーに移籍するか・・・。パソコンの使用頻度を考えたら、前回は結構スペックにこだわって買ったけれど、必要最低限の機能があれば充分だし、海外メーカーの安いパソコンでも良いかなと思ったり、いやいや、せっかく買うからには納得のいくものを買いたいな・・・と悩んだり。国内メーカーでも、アウトレット品、2・3年前のモデルでも充分だなと思ったりして、中々決められませんでした。最初、Amazon先生のタイムセールで安いパソコンにしようと思っていた位ですが、買う決断をする前に、家電量販店へ見に行ってみたりと、グラグラ揺れてました。




 結果的にどうしたか、と言うと、東芝様からのプロモーションメールで買換を決断したのに、DynaBookを離れました。ご・・・ごめんなさい、東芝様・・・。悪気と深い意味は無いので許して下さい。どのパソコンにしたかと言うと、LenovoのThinkPad E570にしました。何故、Lenovoにしたかと言うと、アメリカに赴任していた時、現法で貸与されていたパソコンがThinkPadだったのですが、その時、ThinkPadの特徴であるトラックポイントが凄く使いやすいと感じ、個人的に好きだったからでした。トラックポイントのことは、最初は「何だこれ」と思っていたのですが、トラックポイントに慣れてしまってからは、逆にマウスなんて要らないとまで思うほどでした笑。ThinkPadではないパソコンを使っている時も、左手人差し指がThinkPadキーボードなら真中にあるはずの赤いポイントを触ろうとして触れなくて、「あ、これはThinkPadじゃない」と、後から気付くこともしばしば・・・。すっかりトラックポイント中毒になっていました笑。
※トラックポイントとは、キーボードの中央に設けられた突起状のボタンのこと。ThinkPadのキーボードは、この赤いボタンが特徴的で、これを使うことで、ホームポジションから手を離さずにマウスカーソルの操作ができるのが凄く便利・・・だと個人的には思う。



 DynaBookも一緒に渡米していたのですが、ThinkPadを借りてからはマウス要らずでノートパソコンを操作できる便利さに開眼。IKEAで買ったロッキングチェアに悠悠と足を伸ばして座り、コーヒーをサイドボードに置き、膝の上にThinkPadを乗せながらパソコンを操作できてしまう、なんて極楽を味わってしまうと、マウスが要るDynaBookにはもう戻れず、ずっとThinkPadを使っていました。あ、勿論、DynaBookdもタッチパッドがあるので、マウスがなくても操作は出来るのですが、私にとっては、タッチパッドは細かな操作や長距離をドラッグするのには使い難く、その点、トラックポイントは細かい操作も長距離ドラッグも思うままに出来るので、使いやすかったです。




 ということを思い出し、私用パソコンでもThinkPadにしよう、と思い立ったのでした。思い立ってからも、少し悩むところはありましたが、一度「ThinkPadにしようかな」というアイディアを思いついてからは、もうThinkPadから離れられませんでした。




 ThinkPadを個人で買うには、公式HPからネットで好みのスペックにカスタマイズして、オーダーすることが出来ます。今回、新生活応援セール&Vistaからの買換セールということで、公式HPで割引に少しなりました。


 今回オーダーしたスペックはこちら!2003年のVAIO時代から比べると、時代の流れを正しく感じますね・・・。( )内は、2008年←2003年の記載順になります。



 ①OS・・・Windows10 (←Vista←XP)
 ②CPU・・・intel Core i5-7200U 2.50GHz
  (←intel Core 2 Duo P8400 2.26GHz←Celeron 1.70GHz)
 ③メモリ・・・8GB (←2GB←256MB)
 ④HDD・・・500GB (←320GB←40GB)
 ⑤無線LAN搭載 (2003年当時は無線LAN未搭載)



 どうですか、これ。8年前と比べると、こんなに大きな変化があり、そりゃ、買替をプロモーションメールで勧められる訳だ笑。そして、14年前とは、時代が全然違いますね。HDDが、2003年は40GBしかなかったなんて、信じられないですね。メモリも256MBしかないなんて・・・。技術革新が目覚ましいですね。今回は、HDDを1TBにカスタマイズすることも出来たのですが、少し調子に乗って、HDD1TB導入ではなく、SSD128GBを載せることにしました。あと、外付けHDD500GBも別途買ったので、これで当分の間は、容量不足や動作が遅くなる心配はないでしょう。愕然としたのは、バッテリー駆動時間の違いです。今回のThinkPadは、バッテリー駆動時間は最長11.3時間らしいのですが、2008年DynaBookは、たったの1時間程度でした。何この違い・・・。というか、1時間しか持たなかったのか。。。今となっては、もはやバッテリーに充電すらできない状態だったので、1時間しか駆動しないことをすっかり忘れていました。




 自宅に届いたThinkPadの段ボールを早速開いて取り出してみて、一番驚いたのは、その厚さですね。DynaBookの約半分でした・・・。画面もFHD液晶で美しいし、そして起動してからが早い!指紋認証機能もあり、やっぱりトラックポイントが使いやすい!間違いなく、2008年にDynaBookを買った時もワクワクしたけれど、新しい電化製品が来る度に、最初はワクワクしてしまいますね。



 ・・・と、最初アウトレットだの旧いモデルや格安モデルを買おうとしていた人間とは思えないほど、色々カスタマイズしてしまいました笑。それでも、2008年に買った時は11万円後半だったのに、今回は約8万円で買えました。こんなにスペックが上がっているのに、お値段安くなるなんて・・・。思えば、VAIO時代はDynaBookよりも高かったはずで、いろいろ考えさせられますね。




 2008年当時のブログを読み返すと、VAIOにも、沢山の思い出があり、別れを惜しんでいる様子が窺えます。牛乳をひっくり返したり、レポート書いたり卒論仕上げたり、色々ありましたね。二代目DynaBookにも、やはり思い出はあります。VAIOは、学生時代に必要だから、ということで親が買ってくれましたが、DynaBookは、社会人になって、自分に対する初めての大きな買い物でした。初めて自分で買ったパソコンとして、凄く思い入れがあります。入社して2・3年目の頃、社会人として思い悩み、教員採用試験の履歴書書いてみたり、大学院の願書書いてみたり、ブログで日々を綴ってみたこともありました。アメリカにも一緒に行って、無事に帰って来て、社会人として最初の10年は、このDynaBookと共にありました。そう思うと、前回と同じく、「1つの時代の終わり」を感じます。この二代目も、本当によく頑張ってくれました。




 3代目ThinkPadは、一体何年付き合ってくれるだろうか。次の10年は、一体どうなっているのだろう。分からないけど、出来る限り永く、一緒に過ごしていきたいなと思います。

 
 

| | Comments (0)

April 25, 2017

まだまだヒヨコ

 前の記事で書いた通り、25日は約6年振りに、前の課のメンバで集まって来ました。この日は、当日に色々とありまして、飲み会のスタートに間に合わなかったのですが、約1時間位、遅れて駆け付けた後は、昔懐かしい話で盛り上がり、時間は簡単に過ぎていきました。一次会終わった後は、品川の素敵なホテルの最上階にあるバーで二次会へ。当時の課長にご馳走になってしまいました。有難いことですね。



 皆さん、全く変わらずにお元気そうで良かったです。この日…は、特に後輩指導の難しさ、コミュニケーションの難しさを痛感しながら、会場へ駆け付けたのですが、このメンバで集まると、一番年下は私です。当時の指導課長・指導主任・指導員と勢揃いな訳でして、気分はまるで新人時代へ遡りました。入社して10年経っても、自分の立場が変わっても、昔、ご指導頂いた皆さんの前では、自分はまだまだヒヨコだなと思いました。間違いなく、当時の自分は、この皆さんにご迷惑とご負担をお掛けしたはずなので、この先何年経とうとも、皆さんへの感謝の想いは消えないだろうと思います。

 

 当時、ご指導頂いた内容、言葉、その想いなどは、よく覚えています。生まれた雛が、最初に見た動くものを親だと思うのと同じ様に、自分自身の原点は、やはりこの課であり、この先輩方であり、ここで得られた仕事の仕方・考え方なのだろうと思いました。今、在籍している課の方が、在籍年数としては長くなってしまいましたし、担当業務も教育から人事へとシフトいますが、ルーツは「ここ」なのだなと思いました。会社人生で初めて出逢った方々が、このメンバで本当に良かったなと思いました。



 この会社は広い様でいて狭く、狭い様でいて広く、1回繋がった縁は、今後、色々な形で再び繋がって行くのですよね。実際、今の課のメンバにも繋がっているし、きっとこの先も、形を様々に変えながら、再び一緒に仕事をすることもあるだろうと思います。今回、約6年振りに再会して、少しは成長した姿をお見せ出来たかなと思うのですが、今後も、「あいつを新人時代に指導したんだ」と良い意味で自慢してもらえる様に、一生懸命頑張ろうと思います。

| | Comments (0)

April 23, 2017

温かいバトンを

 仕事関係ばかりですみません。

 4月になって、色々な人に、昇格祝いということで、色々なところへ、素敵な夕飯に連れ出して頂いていました。現在の自分の上司。昔の自分の上司。今、同じ課で一緒に仕事している年上の同僚。昔、一緒に働いていた同僚の皆さんetc。これだけ多くの人に声を掛けて頂けて、本当に有難いことです。こんなに幸せなことはないですよね。


 どの日もとても印象深くて、それぞれの日で非常に楽しく過ごせましたし、どの日の料理も美味しく、この1ヶ月だけで随分太った気がします笑。良い人たちに恵まれたなと思います。その中でも、特に印象深かったのは、今、同じ課で一緒に仕事をしている年上の同僚の方に、課長と一緒にご馳走頂いた日ですね。


 実は、この方には、私が入社2~3年目でやらかしたことがありまして、当時、温かくも厳しくご指導を頂いた方でした。当のご本人は、全く覚えていないらしいのですが、当時の私にとっては、中々鮮烈な印象となって残っていまして、最初、異動されて来ると聞いた時は、少し身構えたものでした。


 今から思えば、まあ、相手に記憶にないということは、そこまで大きな失敗では無かったのでしょうけど、そうした相手に認めてもらえて、そして感謝までされる日が来るとは(昨秋から冬に掛けて、課として色々あって、少しだけ仕事をカバーしました)、当時の自分が知ったら、絶対信じないでしょうね笑。あの頃の自分は、この方に電話やメールをするのに、少し億劫がっていた程でしたから。


 そんな相手に、とあるホテルのディナービュッフェに招待して頂きました!和・洋・中と全ての料理が最高に美味しかったです。マグロの解体ショーを見て、お寿司を頂き、蟹、北京ダック、ローストビーフに美味しいスープ・・・etc。お腹が一杯でもう何も入らないというのに、最後のコーヒーとスイーツまでしっかり食べてしまいました。スイーツも何種類も食べてしまい、これはもう、劇太り間違いないと思いましたが、ここまで食べてしまえば、そんなのもう気にしないですよね笑。食事だけではなく、話も弾んで、本当に楽しい時間でした。時が経って、こんな日が来るとは、仕事を続けていて良かった、と思うことの1つです。こんな素敵な場所でご馳走頂いたことは、その場所や食事の内容ということだけではなく、その温かい心遣いが本当に嬉しく、一生忘れないだろうと思います。そして、自分も、この温かいバトンを次の世代へ渡して行ける様に、仕事を一生懸命頑張ろうと、改めて思いました。

 

 今週の火曜も、異動する前、つまり、入社して最初に配属された課のOB/OG会があります。こちらも、凄く楽しみです。それこそ、5・6年振りかもしれないです。1つ継続すれば、それが後々になって、色々な人間関係となって繋がって行くものだな、ということに、最近ようやく気が付きました。それこそが、仕事をしていく上での一番の財産かもしれないですね。

| | Comments (0)

«11年目にして